ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

小説 投稿 サイト・短編・掌編・長編。ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿

SF/ホラー/ミステリー

『アンタが総理大臣』

3代目キセノン著




アンタが総理大臣 〜本格ポリティカル・シミュレーション・ゲームPSG〜

●1.本格PSG
 桐島のスマホの画面にはリアルな国会の映像が流れていた。
「政治活動費で、掛け蕎麦を50名分、注文したのですか」
女性野党議員の顔がアップになり、漢字が少なめの字幕が出ている。
「あれは政治パーティの一環としてと、聞き及んでいます」
老練の男性与党議員の顔に切り替わりと字幕も出ている。
「正直に答えてください。掛け蕎麦を食べんたんですか。食べなかったんですか」
「掛け蕎麦を食べたかどうかと聞かれれば、食べてますが、それが政治活動費の不正には、あたらないと考えています」
野党議員と与党議員の顔が交互にアップなっていた。
「50名分ですよ。あなたが一人で掛け蕎麦を全部食べたというのですか」
「この掛け蕎麦問題は、今、この防衛予算委員会で、お答えしなければいけないのでしょうか。差し迫った極東半島状況もありますし」
「そうやってね、あなたは逃げるのですか。国民は、掛け蕎麦問題を一番気にしているのですよ」
野党議員が喋り終わると、官房長官が目の前に現われた。
「総理、Jアラート発令です。現在我が国に駐留している北米合衆国の基地にミサイルが向かっています。着弾は3分後です」
国会は騒然となっていた。

 「嘉手納基地、佐世保基地、横須賀基地は迎撃失敗。横田基地、厚木基地は迎撃成功です」  
官房長官が報告する。
「総理、いかがいたしますか」
官房長官の顔がアップになる。
画面の下方に選択肢が出て『直ちに報復』『国連を通じて制裁』『降伏』が反転していた。桐島は、報復を選択した。
 画面には『その選択肢は準備が整っていません』と表示された。
桐島は次に制裁を選択した。
『その選択肢は、手遅れです』と表示。
桐島はしぶしぶ降伏を選ぶと、ゲームオーバーになった。
 「桐島、お前、下手くそだな。こうなるまで自前で武器を調達していなかったのか」
桐島のスマホをのぞき見していた島田は、歯がゆそうにしていた。
「だって、日の本国の制約パラメーターには、憲法による制約があったから」
「そんなの馬鹿正直に従わないで、改正すれば良かったのに。それが本格PSGの醍醐味じゃないか」
島田は自分のスマホにあるやりかけの『アンタが総理大臣』を起動させていた。
「島田のお手並み拝見だな。俺はちょっとコンビニでおやつを買ってくるよ」
「桐島、ポテチはのり塩味な」
「あるかどうか、わからんぞ」
「あぁ、それとここのテレビ画面を使わしてくれるか。大画面でゲームをやると迫力があるからな」
「裏の端子ソケットでスマホとつなげば、使えるよ」
「わかった。埃が凄そうだな」
桐島は、部屋を出ていく。島田は、テレビの後ろに手を回していた。

 桐島がコンビニから帰ってくると、島田は日の本国の国内世論を変えようとしていた。
「おぉ、どうだ。武器とかは購入しないのか」
「桐島、のり塩買ってきたか」
桐島はは島田の目の前にポテトチップスの袋を置く。島田は袋を開けて、一つつまむとティッシュで手を拭いていた。
「桐島、このゲームはまず国内世論をまとめないと、まともな手が打ていないんだ」
「どうすればいいんだ」
桐島は、島田の横に座り込んだ。
「この場合、偏向報道をしているマスコミをつぶすために、野放しのテレビ局に規制をかける」
「そんな簡単にできるのか」
「まず、所轄官庁の経産省の大臣に働きかける」
島田は、スマホをキーボード・モードにした。
「キーボードを使わないと、迅速にコマンドを送れないからな」
「そうか。このゲームは本格と銘打っている分、現実の政治の状況にも関心を持っていないとダメだな」
「まぁ、見てくれよ」
島田は、コマンドを打ち込みながら、日ごとに高くなっていく世論支持率のパラメーターを見ていた。
「うまく、行ってるな、お前、ゲームのプロとしてやっていけるんじゃないか」
「俺もそのつもりだけど」
「おい、島田、あの赤い点滅はなんだ」
「国内でテロだな」
島田は、ゲーム上の総理官邸の画面に切り替えた。
 首相執務室には官房長官がいた。
「総理、偏向報道の締め付けを不服とした左翼勢力が新宿で暴動を起こしました」
音声とともに字幕も表示されていた。
「島田、暴動だってさ、どうするんだ」
「強制的に抑えないでおこう。なりふりかまわぬ左翼の行動を国民に見せよう」
「暴動を鎮圧しないのか」
「左翼のやり口を知らしめないとダメなんだ。それと俺が設置した反日対策庁のエージェントの動きを確認しな
いとな。何か報告があるかもしれない」
「そんなもの設置したのか」
「あぁ、あったぞ、左翼勢力が北鮮人民国の工作員と手を組んで柏崎原子力発電所を襲う計画があるそうだ」
島田は、スマホのボタンを手早く操作し、全国の原発の位置を把握していた。
「このゲームは、いろいろな動きがあるから、むずかしいな」
「桐島、今何時だ」
「もうすぐ5時なる」
「いっけねぇ。明日のオーディションの練習しなきゃならなかった」
「なんのオーディションだ」
「プロゲーマーのオーディションだよ。悪ぃな、このゲームの続きは、お前のスマホにダウンロードしておくよ。
お前がやってくれ。俺は帰る」
島田は、手早くダウンロードさせながら、上着を羽織っていた。

 島田は慌ただしく部屋から出て行った。桐島は、いきなり引き継ぐことになった。突然画面が総理官邸の執務室に切り替わる。
「総理、北鮮人民国の武装難民らしき船舶が新潟沖に現れました」
官房長官が喋り、字幕がタイプされた。桐島はスマホの音声認識装置をオンにした。
「自衛隊を出動させ殲滅させる」
官房長官の顔がアップになる。
「まだ領海侵犯の状態なので、警告を発し、手続きを踏まないと武器の使用は認められません」
「官房長官、何を言っているんだ。上陸するのは間違いないだろう。自衛隊を出動させろ」
「総理、柏崎原発がテロリストに占拠されました」
官房長官は淡々と言っている。
「新潟沖の船はどうした」
「まだ動きはありません」
「テロリストには武器は使えるよな」
「テロリストが声明を発表しました。降伏しなければ、ここで核爆発を起こすとのことです」
「こんな時に総理になったら、大変だな。そうだ俺は島田総理じゃない。内閣総辞職でりセットだ」
「総理の都合で総辞職は難しくなっています」
「あぁ、面倒くさい。ゲームオーバーにしてくれ」
桐島が言うと画面が切り替わった。
画面には『今すぐゲームを終了しますか。「はい」「いいえ」』と表示された。
「はい、はい、はいで、セーブなしだ」
桐島は、スマホとつながっている端子を外そうとする。
ゲームが終了する寸前、ネットにつながっているので、このゲームソフト会社のCMが流れる。『本格PSG「アンタが総理大臣」では、ゲームの獲得ポイントごとに仮想通貨を発行。仮想通貨・1(souly)ソウリー=0.12円』とあった。

 桐島は、同僚2人と共に昼食を食べていた。
「うちの会社、いよいよ危ないらしいぜ。桐島は、転職先を決めたのか」
同僚の須賀は、真剣な顔をしていた。
「まだ大丈夫だろう。転職サイトに登録はしておいたが」
「須賀、俺には聞かないのか」
「だって鈴木は、外食チェーンのエリアマネージャーの口が決まっているのだろう」
「もう広まっていたのか」
「大方、自分で吹聴していたんだろう」
「何を失礼な」
3人が食べている席にもう一人の同僚が近寄ってきた。
「お、みんなお揃いだな。俺もそこに座っていいか」
田中がトレーを持って座る。
「今日、午後一に重大発表があるってさ。たぶん終りってことだろう」
田中は、呆れかけているようだった。桐島たちは、顔を見合わせていた。
「そうか。ついにか。俺は仮想通貨で稼ぐしかないか」
桐島が言うと、一同は、桐島の方をじっと見る。
「お前、仮想通貨の投資なんてやってたのか」
田中は、早口になっていた。
「まぁ、ゲームのポイントが10円分ぐらいかな」
「あぁ、例のゲームか。そんなんじゃ生活の足しにはならんぞ」
須賀は鼻で笑っていた。
「桐島、離婚した妻の慰謝料とかなかったか」
鈴木は心配そうにしていた。
「ある」
桐島は、愕然としていた。

 桐島は『アンタが総理』の攻略本をダウンロードし、研究し始めた。それと同時に転職活動をしていたが、会社が閉鎖となるその日もまだ決まっていなかった。桐島は帰宅すると、島田にメールと電話をしたが、全く応答がなかった。
 桐島は、島田の妹がバイトをしているコンビニに行ってたみた。
「あぁ、桐島さんでしたっけ、うちの兄、どこに行ったか知りませんか」
妹の美優に逆にたずねられてしまった。
「ええ、聞こうと思ってたんだが、妹さんも知らないのか」
「なんかプロゲーマーのオーディションに行くって言ったけど、本当ですか」
美優はレジ袋にポテトチップと牛乳の紙パックを入れ終えていた。
「俺も、そう聞かされていたが、多分本当だと思う」
「桐島さんも『アンタが総理』やるんですか」
「最近、本格的に始めようと思っているけど、君の兄さんには及ばないよ」
お釣りももらって、レジ袋を手にしたままレジの前で話しをしていると、後ろの主婦が迷惑そうに咳ばらいをしていた。
「あぁ、あたしも本格的にやろうと思ってまして、バイトの帰りに寄ってもいいですか」
「いいけど」
美優は、軽くうなずくと、桐島の後ろの主婦に声をかけていた。

 桐島はバージョンアップさせた『アンタが総理』を自宅のPCと大画面テレビでやっていた。紛糾している国会の画面に切り替わる。
「総理、あなたは、唯一の被爆の日の本国が核を持つなんて、正気の沙汰とは思えません」
女性野党議員が言った。
「対話もせずに軍事力で圧力をかけるとは、どういうことですか」
別の男性野党議員。
 桐島は『総理の答弁』のボタンを選択する。ヘッドセットのマイクをオンにした。
「あなた方は、根本が見えていない。核を持つことで対等な話ができると確信している連中に、核もない我が国と対等な話し合いのテーブルにつくと思いますか。馬鹿にして見下すだけです。対等に話し合うためにも、核武装は必要なのです」
桐島の答弁にゲームのプログラムは『内容分析中』と表示し10数秒沈黙した。
「総理、北鮮人民国の挑発に乗り、限りない軍拡競争になります。近隣諸国に配慮して日の本国としては武器を持たずに交渉するべきです」
女性や党議員は、いきり立っている。
「近隣諸国に配慮したから、このような結果になったわけでして。中華共和国、露連邦国、北鮮人民国それに併合される可能性が高い南鮮民国、この統一国が核を持つとしたら、日の本国だけが核武装していないことになります。バカにされて、とんでもない要求をつきつけてくることは目に見えています」
桐島は総理のコメント終了にした。
「そんな理屈は通りませんよ」
と女性や党議員。
「総理の横暴だ」
と男性野党議員。
「戦争反対」
野党席から声が上がっていた。ゲーム上の国会は野党議員たちが暴れ出して与党議員たちに飛びかかっていく。
応戦する与党議員たちは、血まみれになっていた。
 インターホンが鳴ったので、桐島は画面を切り替えた。桐島はドア口まで出迎えて、美優を大画面テレビの前に座らせた。
「桐島さんは大画面でやっているの。兄が桐島さんの所に行きたがるわけだわ」
「でも、島田の奴、いや兄さんはどこに行ったんだろうな」
「あたしが、ここに来たのも、何か兄の痕跡がないものかと思って」
美優は、桐島のマンションの一室を見回していた。
「島田が残したものは何もないぜ」
「あたし、信じてもらえないかも知れないけど、時たま人やモノに宿る思念を読み取ることができるんです」
「あぁ、そんなようなことを聞いたことがある」
「兄が、ちょっとイカレていると言ってたでしょう。普通じゃないかもしれないわね」
「いろんな人がいるからな。それで、なんかわかったの」
「ダメだわ。でも桐島さんは『アンタが総理』で稼ぐしか道がないと思っているでしょう」
「えぇっ、そんなのわかるの」
「今日は調子いいわ。あたしもコンビニのバイト辞めて『アンタが総理』で稼ぐつもりなんだけど」
「店長がいやらしい奴とか」
「桐島さんも、思念が読めるわけ」
美優は突然鋭い目で桐島を見た。
「あてずっぽうに言っただけだけど。気にしないでくれ。それでどう稼ぐつもりなんだ。あのゲーム、結構難しいぜ」
「…本当は兄に教えてもらって、稼ごうと思ってたんだけど、行方不明じゃね」
「奴のだから、ひょっこり現れる気がするけど」
「今、『アンタが総理』やってたんでしょう。続けて見せて」

 ゲーム上の官房長官の顔がアップになる。
「総理、日の本国の核武装について北米合衆国が承認しました。国連安保理では英連合王国と仏共和国が保有やむなしとしたのですが、中華共和国と露連邦国が拒否権を発動して、国連の承認は得られていません」
「そうか。それで駐留北米合衆国軍の撤退の件は、どうなった。大統領は議会と相談しないとわからないと言っていたが」
桐島はヘッドセットをしている。
「核を保有するなら、駐留する意味がないとして全面撤退することになりました」
官房長官が言った直後、桐島はゲームを一時停止させた。
 美優は、大画面で停止している官房長官の顔を見てから桐島の方を見た。 
「どうしたの」
「このまま途中経過を見るよりも、結果を早く見たくないか」
「時間を早めることができるの」
「昨日ダウンロードした最新バージョンは、音声認識機能が充実したし、早送りができるようになったんだよ」
「そう、それじゃやってみて」

 桐島はH2ロケットのミサイル転用や、核爆弾の開発を防衛省に指示した。ゲーム上の4ヶ月後に北米合衆国の核実験施設で初の地下核実験が行われ成功した。この結果、南鮮民国が条約を破ることはなくなり、北鮮人民国の動きも慎重になったが、国内に問題を抱えるようになってしまった。連日のように国会周辺で、左翼による軍国化反対のデモが行われ、国旗や桐島総理の顔写真が焼かれる騒ぎになっていた。
 ゲーム上のニュース番組。
『「このように日本の世論は完全に核保有反対に傾いています」
国会の周辺の映像が流れる。
「国会周辺では、空前絶後の12万人規模のデモが連日行われ、軍国化反対の叫び声がこだましています」
と女性キャスター。
「いゃー、このままだと徴兵制が復活して、他国を侵略することになります。なんとしてでも阻止しないと」
とコメンテーター』
 桐島は総理官邸の場面に切り替えた。 
「官房長官、デモ隊は12万人もいるのか」
桐島は官房長官にヘッドセットで呼びかけた。
「いえ、総理、あれは主催者発表でかなり誇張しています。実際の所、1200人というところでしょう」
「そうか。テレビ局の所轄官庁の経産大臣に偏向報道の規制しよう」
「国会で審議するのですか」
「いや閣議決定だ」
ここで桐島はまた時間を早送りにした。
 偏向報道規制後、さらに左翼の暴動が激化した。大阪梅田で過激派と右翼が激突して暴動に発展。東京では池袋と渋谷で、与党議員の選挙事務所が焼き討ちされた。沖縄では、基地存続を求める団体が那覇で座り込みをし、核保有に反対する団体が沖縄市で集会を開いていた。
 ゲームがシミュレーションする状況に対して、桐島はいろいろな手を打つが、事態の収拾ははかれなかった。しかし、かろうじて内閣不信任案は否決されていた。

 桐島は『総理の会見』を選択した。
「日の本国が革新及びリベラルと呼ばれる方々に、ここまで乗っ取られていることを知らなくて申し訳ありませんでした。今までの政策を全て撤回いたします。ですから核は放棄しますし、偏向報道は今まで通りにします。それに護憲を貫きましょう」
桐島が会見を終了させようとエンターキーに手をかけた時、ゲーム上の会見場は大騒ぎになった。
「革新勢力に乗っ取られているとは、どういうことですか」
記者の一人が叫ぶ。
「そのままズバリですよ。何もできないってことです」
桐島は、ゲームのキャラクターに対して、腹が立ってきていた。
「職務放棄ですか」
別の記者の声。
「違います。話し合いが必要と言うことです」
「総理、一連の責任はどう取るのですか」
「北鮮人民国の動向を見つつ、国連と連携して対処するつもりです。これが責任を全うすることです」
「暴動などが起き、社会が不安定になりましたが、これはどう責任を取るのですか」
「暴動は起こした者の責任ですから、厳しく追及します」
「自ら内閣総辞職するつもりはありますか」
女性記者が静かに言う。
「この状況下では、かえって混乱を増すばかりです。余計な選挙費用は使わないため、任期を全うします」
桐島はそう言い終えると、会見のシーンを終了させた。

 桐島は総理官邸の画面に切り替えた。官房長官の驚き顔がアップになっている。
「総理、あんなことを言って、これからどうするおつもりですか」
「国内では、このまま穏便に済ませる。しかし北米合衆国に日の本国の亡命新政府を樹立させる」
桐島の発言にゲームの思考プログラムは『内容分析中』と表示し、しばらく沈黙した。
「亡命新政府の首班は誰ですか」
「この私が兼任する」
「通常亡命政府は、現政府に反している組織なので、あり得ないことですが」
「堅っ苦しいこと言うなよ。今までやってきたことを亡命政府が引き継ぐだけなんだから」
「それでは撤回というのは、嘘ですか」
「ダミーってところかな。暴動ばっかりじゃかなわんからな。必要な時に新政府を入れ替えるつもりだけど」
「クーデターを起こすのですか」
「自分がやるんだからクーデターとはちょっと違うが、似たようなものかな。こんな制約パラメーターの中で、北鮮人民国の危機を回避するには、これしかないだろう」
「うまく行くでしょうか。それで核保有の件は」
官房長官との会話はAIの学習機能によって、しっかりと成立していた。
「もちろん核保有するし、ミサイル開発やレールガンの開発は北米合衆国と共同で続行する。亡命政府は北米合衆国と利害が一致しているから、つぶされることはないだろう」
桐島はヘッドセットをオフにした。
 
 「今日の所は、この辺でセーブして終りにしよう。家まで送っていくよ。友人の妹だからな」
「何か複雑だし、桐島さんの奇想天外な発想に驚いたわ」
「兄さんに、匹敵するゲーマーかな」
「それは、わからないけど、ポイントが稼げそうだからお金にはなるんじゃない」
美優は、ゲームを続きをやりたそうにしながら帰って行った。

 桐島は、意外に近所だった美優の自宅まで送り、自室に戻りゲームを再開した。桐島はゲーム上の閣僚のスキルレベルを見ていた。外務大臣、防衛大臣のレベルが高かった。この2名と与党議員でスキルの高い者を数名を不倫などのスキャンダルで議員辞職させた。辞職させた者は、亡命政府の大臣や要職につけさせた。この結果、新たな改造内閣が発足した。この内閣には、大臣になりたくてしょうがない当選回数だけが多いスキルレベルの低い議員を多数抜擢させておいた。野党からは大臣の大盤振る舞いと揶揄されたが、与党の結束は固くなった。野党は与党を攻める材料が減り出番が少なくなった。
 桐島は北鮮人民国に対して、日本は一度手にした核兵器を手放したので、これに見習い、核兵器を手放せと迫ったが全く反応はなく、6回目の地下水爆実験をしていた。日の本国や北米合衆国と南鮮民国は形の上では同盟関係にあったが、この時点で南鮮民国は水爆実験を黙認し、北鮮人民国の支配下に入りつつあった。さらに野党の一部からは、自衛隊が違憲である声高に言い始めていた。この間、桐島が創設した亡命新政府は、着々と核兵器を整え、議論を重ねて従来の憲法も改正し自衛隊を明記させていた。ただその効力は政府が入れ替わらない限りなかった。
 桐島は総理官邸のシーンに切り替えた。
「レールガンの方は開発はどこまで進んだ」
桐島は、ゲーム上の亡命政府の官房長官に特別回線で聞いていた。
「かなりの部分までできましたが、実戦配備の段階には至っていません」
「核ミサイルがあるから必要はないかもしれないが、地球上から核兵器を廃絶するには核兵器を越える兵器が必要だからな」
「総理、こちら北米合衆国では、かつてないほど北鮮人民国の危機感が高まっています。そちらは大丈夫でしょうか」
「駐留北米合衆国軍基地があるから、狙われるとか安心だとか報道では無責任に言っているが、どちらもあてにはならない。相変わらずだ」
「総理、我が亡命新政府は、いつでも現政府と入れ替われる状態にあります」
「それが頼みの綱だからな」
桐島の頭の中には、ステージ・クリア・ポイントの仮想通貨獲得が頭にちらついてきた。このような奇策を打つゲーマーはいないだろうと思っていた。

 時間を少し早送りにする桐島。
「総理、国連で北鮮人民国が声明を発表しました」
ゲーム上の日の本国亡命新政府の官房長官が、総理官邸の執務室の大型スクリーンに映っていた。
「どんな内容なのだ」
「今、そちらに映像を転送します」
亡命新政府の官房長官の画像が、国連会場に切り替わった。
「我が北鮮人民国は、北米合衆国全土を射程にした核ミサイルの発射準備が整った。北米合衆国は極東半島から手を引き、我が国と和平条約を締結しなければならない。その上で、今までの経済制裁による損出分を賠償金として支払う必要がある」
北鮮人民国の国連代表の言葉は、画面上にも字幕としてタイプされていた。
 「官房長官、我が日の本国に対しては、どんな要求を突き付けてきたのだ」
「こちらになります」
別の角度から国連会場が映されている画面に切り替わった。
「日の本国は北米合衆国との同盟を解消し駐留軍を完全撤退させなければならない。その上で北鮮人民国と国交樹立し、こちらが指示する戦後賠償金を払い、今後の経済支援もしなければならない。核保有国たる北鮮人民国の申し立てに対して、核を持たない日の本国は対等に話すことはできず従うのみである。もし愚かにも逆らう場合は、日の本国は核の炎に焼き尽くされことになる。それでも生き残った者は、戦犯民族虐殺収容所送りとなり、ガス室で処分されることになる。この地球から日の本国人を絶滅させなければならない。我が北鮮人民国は非常に慈悲深く寛大なので、5日間の猶予を与える。生きながらえるか、絶滅か選択するが良い」
「いかにも、奴らが言いそうなことだが、核保有国どうしなら、一方的な話し合いにはならんわけだな」
桐島はヘッドセットを通して、ゲーム上の亡命新政府の官房長官に話しかけていた。
「総理、機が熟したようです」
「わかった。後はこっちで対処する」

 桐島は臨時国会の画面に切り替えた。
「総理、あなたが制裁ばかりかけるから、こういうことになるのです。もっと前から対話をしていれば良かったのです。この責任はどう取るつもりですか」
女性野党議員が責め立てていた。
「今さら、責任どうこうって問題じゃないでしょう」
「こうなった以上、北鮮人民国の要求を受け入れましょう。北米合衆国軍も撤退させられるので、悪いことばかりでもないかもしれません」
別の男性野党議員。
「あんた、それでも日本の議員なのか。こんなバカな要求受け入れられると思いますか、私は国交樹立にあたっては、終戦の際に極東半島に放棄した個人資産を清算してから、戦後賠償金を払うのが筋ではないかと思います。だいたい既に南鮮民国に払っているのに、二重取りになるのではないですか」

「しかし逆らえば、核の火の海になるのですよ」
「こういうこともあろうと思って、北米合衆国に亡命新政府を作っておきました」
国会内は、ざわついていた。ゲームのプログラムがリアルな風景を演出していた。桐島は、一時停止させて風景を眺めていた。野党の末席にいる議員まで表情が付けられていた。杉本は一時停止を解除した。
「こんなていたらくな、政府では危機に対処できない。現日本政府は、本日をもって新日本政府に占領統治されることになります」
桐島は、きっぱりと言い放った。野党議員たちは、口をぽかんと開けていた。
「新日本政府ですかぁ、誰が率いているのです」
与党議員の一人がたずねてくる。
「この私が兼任しています。しかし閣僚はここにいる人たちではありません。それに憲法にも自衛隊の存在は
明記されていて核も保有しています。ですから北鮮人民国とは対等に話ができます」
「それって、クーデターですか」
女性野党議員は、口をへの字に曲げていた。
 桐島はゲーム上の国会内に設置されたカメラの方向に視線を矢印を向けた。
「今までの政府では50年はかかりそうな改革を断行する秘策です。どう取ってもいいですけど、今から新政府の私が日の本国を指揮します。国民の皆さん、北鮮人民国は狂っていない限り、余計な手出しはできないはずです」
国会の映像はテレビで中継されている設定になっていた。

 桐島は総理官邸の画面に切り替えた。画面上にある『総理声明発表』を選択する。
「日の本国は政府が変わりました。私が率いる新政府が交渉相手になります。新生日の本国は、北鮮人民国のミサイル施設に照準を定めた核兵器を保有しています。万が一、核を我が国に向けて使用した場合、北鮮人民国も火の海になることは確実です。もう少しまともな話し合いをすることを提案いたします」
 この声明は、ゲーム上の全世界に広まる設定になっていた。中華共和国、露連邦国、南鮮民国、北鮮人民国は、日の本国は嘘つきだと非難し、北米合衆国、英連合王国、仏共和国、独連邦国、印度国はいち早く新政府を承認していた。この結果、極東半島を取り巻く環境に新たな核の抑止力ができあがった。
 日の本国の危機は回避されて、このステージはクリアできた。ゲーム画面上に、ポイントと獲得仮想通貨額が表示された。獲得仮想通貨は50万ソウリーで、5万円に換金できることになった。

 翌日、桐島がゲーム画面にアクセスすると、後日談が作られていて、特別ボーナスポイントが付与されていた。後日談を見てみると、ゲーム上の新政府の総理官邸のシーンから始まった。政府が一新されてから、半年が過ぎた設定になっていた。
「総理、レールガンが完璧な兵器として開発が完了しました」
官房長官の嬉しそうな顔がアップになった。
「それは良かった。これで全世界の非核化が実現できるかもしれない」
「それと総理、露連邦国は、北方領土に駐留北米合衆国軍の基地を置かないことが確約できるなら、交渉の余地
があると言ってきています」
「駐留軍基地は今年中に撤退するのだから確約はできる。北鮮人民国や中華共和国にとっても日の本国に駐留軍がいないのは、良いことであろう。北米合衆国にとっても、負担が減ったのではないかな。しかし日の本国に対して北米合衆国がニコニコしているのは、同盟関係にある限りだと思う」
官房長官の顔がアップになった。
「日の本国から北米合衆国軍基地を撤退させ、露連邦国と領土問題を解決へと導き、北鮮人民国の核ミサイル危機を回避させた功績は大きいと思います」
官房長官は、うやうやしく言っていた。
 この言葉に桐島はゲームに対する手応えのようなものを感じていた。ゲーム画面は、次のステージのデモ画面を流していた。

●2.第2ステージ
 ゲーム画面は、総理官邸のシーンになり、官房長官の顔がアップになった。
「総理、反日民族ハラスメント対策をいかが対処しましょうか」
「根も葉もない貶め行為をゲーム上でもしているのか」
桐島はヘッドセットをかけ直しながら言っている。
「北鮮人民国、南鮮民国、中華共和国は反日枢軸三国同盟とも言うべき密約を交わしているようです」
「それではその反日枢軸三国同盟をどう分断するかだな」
桐島はゲームを一時停止させて考え込んだ。隣に座っている美優も一緒に考えていた。
「一つ一つ丁寧に説明していくしかないかしらね」
「ゲームでもデタラメな歴史認識をしている設定なんだろうな。中華共和国の歴史を引き合いに出すか」
桐島はゲームを再開させた。
「中華共和国では古代高句麗国は地方政権という立場を取っているのに、南北鮮国では自分たちの民族の政権としているから、そこを突くこう」
桐島の言葉に、ゲームは『思考中』になった。
 「どうかしらね。本物の歴史がゲームにも反映されているかしら」
美優は、一時停止している思考中の画面を見つめていた。

 思考終了と表示された。
「官房長官、どうだ」
「具体的にどのようにするのですか」
「まず、日の本国と中華共和国の民間共同で高句麗歴史調査団を発足させよう。中国の地方政権が極東半島に進出した立場でな」
「わかりました」
「それと当たり前だが、漢字の起源も古代中国にあることを明確にしよう」
桐島が言うと、ゲームはシミュレーション思考を開始する。

 ゲーム画面では、日中の高句麗歴史調査団が編成され、中華共和国東北部にある集安の高句麗遺跡を訪ねている映像が流れていた。
「それで、兄さんの消息はつかめたかい」
「一応、警察には届けを出して置いたけど、どうもね」
「そうか。それで今日は俺に会いたくて来た、なんてことはないよな」
桐島は一旦、ゲームを中断させた。
「まぁね。今度『アンタが総理』の大会があるから、二人で参加しないかと思って」
「そんな大会があるのか。優勝賞金は」
「300万円だって」
「それじゃ、ステージをちまちまクリアさせて仮想通貨を集めるよりも稼げるな。乗ったぜ」
「ただ、大会期間中は、各チーム個室に閉じ込められるらしいわ。スマホも使えずにね」
「外部との接触なしにゲームに没頭しろってことだな」
「俺もだいぶ、腕が上がってきたから」
「それじゃエントリーしておくわね。今日は、実家に行って兄さんのこと説明しないといけないから、失礼するわ」
美優は、素っ気なく部屋を出て行った。桐島は、なんとなく、良い雰囲気になった気がしていた。

 桐島は、ゲームを再開した。画面上には官房長官がアップになる。
「総理、高句麗歴史調査団の方は、順調に進んでいます」
「20世紀前半の歴史を使われると、奴らが仲良くなれるんもしれないが、古代の歴史なら、中華共和国をおだてることができる。これが仲違いのきっかけになることを願っているよ」
「他にすることはありますか」
「日の本における高句麗渡来人の遺跡の骨とかがDNA鑑定ができると決定的な証拠になるが、できるかな。埼玉県日高市の高句麗王族の末裔とされている人々のDNA鑑定も興味深いものになるだろう」
「なるほど」
官房長官は、感心している表情になった。バージョンアップ以前では、見られなかった表現だった。
「それと宋書、南斉書、梁書、後漢書などの古代文献を冷静に中立的に判断する必要がある。後は、高句麗のほぼ同時代のこととして、任那日本府や南鮮民国の南部に見られる前方後円墳についての見解を中華共和国と共通のものにすれば、派手に仲違いをするはずだ」
「わかりました」
官房長官は、総理執務室を出て行った。

 桐島はゲーム上の時間を早送りし、総理官邸のシーンにした。官房長官がアップになる。
「南鮮民国の世論が狂乱的になり、中華共和国と日の本国に謝罪を求めてきています」
「民間組織がしていることだし、揺るがない歴史的事実なのにか」
「さらに埼玉県日高市の高麗家に放火する南鮮民国人まで現れました」
「ちょうど良い機会だ。ビザ発給を停止させよう」
「閣議決定ですか」
「審議する必要はないだろう」
「わかりました」

 桐島は、昼食を取った後、ゲームを再開した。
「総理、おめでとうございます。反日枢軸三国同盟から中華共和国が離脱しました」
官房長官が言い、その横には総理秘書の女性が微笑んでいた。
「しかし、総理これで終わりではありません。まだまだ民族ハラスメント行為は続いています」
「任せてくれ、次の秘策は環日の本海経済圏構想だ。これに参加するなら、北鮮人民国に何らかの援助することを臭わせる」
「その参加国は」
「日の本国、露連邦国、北鮮人民国、南鮮民国だ」
「まさに日の本海を囲む国々ですな」
「露連邦国は何も気にすることなく乗って来るだろう。しかし北米合衆国には内々に言っておかないと裏切り行為と見なされるからな」
「それで…南北の鮮国は呼称に異を唱えるのではないですか」
「それが狙い目なんだ。経済圏の呼称は変えないが参加すれば援助をするとし、北鮮人民国と南鮮民国の関係に揺さぶりをかける」
「実際に援助をするつもりですか」
「鼻からその気はないが、それらしくしようと思う。もしかすると北鮮人民国と通じている野党が同意したりしてな」
「さっそく外務省を通じて手配いたしましょう」
官房長官が言うと、ゲームはシミュレーション思考を開始した。

 桐島は、ゲームがシミュレートしている時間経過の映像を眺めていた。画面が自動的に切り替わり、総理女性秘書の顔がアップになった。
「総理、茨城県農政会長とのゴルフコンペの準備はお済みですか。お車が参りました」
桐島は、総理スケジュール・メニューを呼び出して確認すると確かに予定が入っていた。桐島はヘッドセットをオンにした。
「あぁ、すぐに行く」
桐島が言うと、ゲーム画面上は車が移動するカーナビのような映像になった。
 画面が切り替わり、ゴルフコース上になった。
画面が2分割になり総理目線の画面も現れ、クラブが振られ、玉が青い空に吸い込まれていく。
「ナイスショット」
茨城県農政会長の声が聞こえてくる。総理目線の画面の方が茨城県農政会長の顔がアップになった。
「次は私の番ですな。総理には負けませんよ」
画面が引き、茨城県農政会長がクラブを構える姿になる。茨城県農政会長がクラブを振った瞬間、銃声がする。総理目線の画面が揺れて、倒れ、芝生がだけが見える。
「総理、どうしました」
茨城県農政会長の声。私服警護のSPたちが走り回る映像が、ちらりと見えていた。
『総理暗殺未遂事件が発生』と画面上に表示された。

 画面が切り替わり、病室の映像となった。男性総理秘書官が立っていた。
「総理、暗殺未遂事件の犯人は南鮮民国籍の男でした」
『総理コメント・する・しない』と画面上に出た。
桐島は『する』を選択した。
「南鮮民国の関与はあるのか」
「単独犯だと主張しいるとのことです」
「俺の入院期間はどれくらいなのだ」
「既に1週間が経過し、退院は2ヶ月後になっています」
「そんなにか」
桐島は、ゲームの時間経過を進め2ヶ月後にした。

 臨時国会の画面になっていた。衆議院議長の顔がアップになる。
「桐島総理は総理の任にあたり2ヶ月間の滞りがありその責は重く不適任とされ、内閣不信任が可決されました」
与党、野党議員たちが一斉に万歳を斉唱していた。
『ゲームオーバー』と表示された。
 「何だよ、途中まで上手く行ってたのに」
桐島は、PCのキーボード放り投げていた。ゲーム画面には、桐島のゲーム評価が表示されていた。
「そうか。セキュリティー度を高めていないのが行けなかったか」

●3.『アンタが総理』の全国大会
 『アンタが総理』の全国大会の関東地区会場は、東京・新橋にあるハイクラス個室ネットカフェであった。桐島と美優のチームは3畳程の個室を割り振られた。個室内には不正防止の監視カメラ、40型の画面、デスクトップPC一式、ゲーム用チェアと仮眠用のソファが置かれていた。
 美優は個室に置かれた、飲食メニューをペラペラとめくっていた。
「これ全部、ただで食べられるの。酒類もあるわ」
「おいおい、飲み食いに来たわけじゃないから。やたらに注文するなよ」
「でも今日の午前9時から明日の午後9時までがゲーム期間でしょう。全く頼まないわけには行かないでしょう」
「まあな」
桐島は個室内のデジタル掛け時計を見ていた。
「まもなくだな」
8:57、8:58、8:59、9:00。
「これより『アンタが総理大臣』全国大会を開始します」
室内放送が流れた。

 個室のゲーム画面には総理官邸の総理執務室が映っていた。官房長官の顔がアップになる。
「総理、南鮮民国が人道支援と称して一方的に軍事境界線を解放しました。北鮮人民国の難民がどんどん流れ込んでいます」
「その数はわかるのか」
桐島はヘッドセットのマイクで応えていた。
「把握できる範囲では、10万人規模の移動が確認されています」
「バカなことをしたものだ。その難民の中に工作員は多数含まれているだろう」
「はい、大使館からの連絡によると、既に南鮮民国各地で暴動が起きているようです」
「関釜フェリーの入港を禁止にしよう」
「総理、それは良いのですが、南鮮民国にいる邦人はどう保護するのですか」
「そうか、それがあったか」
桐島は、隣に座っている美優を見ながら、少し考えていた。美優もすぐには、対応策が浮かばないようだった。
「北米合衆国の滞在者たちの保護はどうなっている」
「駐留米軍基地に押し寄せているようです」
「自衛隊は邦人保護には動けないから、米軍に頼るしかないか」
「海外派兵となるっていったって、助けられないの」
美優が横から口をはさんでいた。桐島はヘッドセットのマイクをオフにする。
「憲法の制約と南鮮民国の自衛隊拒絶反応があるから無理なんだよ」
「しかたないわね」
桐島はマイクをオンにする。
「ある程度の犠牲はやむをえないな。これで国内世論を反南鮮民国、反北鮮人民国に導くしか手はないのか…」
「総理、ご指示をお願いいたします」
「わかった。北米合衆国と協力して早急に現在の南鮮民国政府とは別の親米親日寄りの南鮮人を集めて新たな政権を樹立させよう」
「どこに樹立させるのですか」
「まずはロサンゼルスあたりに」
「承知いたしました」
官房長官は、小走りに総理執務室を出て行った。

 桐島は、ゲームの時間を1ヶ月後に進めた。
「もう進めちゃうの。ゲーム上の時間設定は10年でしょう。すぐ終わっちゃうわ」
「しかし早く結果を見ないと次の手が打てないから」
桐島はヘッドセットをオンにした。
 画面が切り替わり、総理執務室になった。官房長官がノックをして入ってくる。
「総理、釜山民国部隊と米軍が釜山奪取作戦を実行し、自衛隊はその後方支援を行っています」
「うまく、行くかな」
「しかし、野党とマスコミ、左翼勢力が、邦人救出の怠り、集団的自衛権の行使、憲法違反を声高に叫んでいます。その上、国会は空転したままになっています」
「内閣の世論支持率はどうだ」
「54.5%となっています。毎朝新聞の世論調査でも50.9%です」
「自衛隊が動いても、思ったよりも下がっていないな」
桐島は、ゲームを一時停止させた。官房長官の表情は止まった状態になる。
 「美優、この支持率をどう見る」
「微妙な所ね、でも内閣総辞職させられたらゲームオーバーよね。慎重にしないと」
「世論形成の下準備もなしに、この状況だからな。さすがに全国大会は、難しいな」
「どうするの」
「もしかすると、左翼系マスコミの世論操作が上手く行ってないのかもしれない」
桐島は、ゲームを再開させた。
 「総理、いかがいたしますか」
官房長官が言った後、桐島は、国会パラメーターを呼び出す。連立与党が過半数を占めていた。パラメーターは自動的な画面から消える。
「内閣不信任案も通らない。このまま進める。実際に今回の国境開放で、南鮮民国在住の日の本人が何人も犠牲になっている。心苦しいことだが、これが現実だし、周辺国に配慮することや憲法をバカ正直に守ることがどういうことかわかったと思う。それが支持率に現われているかもしれない」
「しかし国会は、空転していますが」
「ボイコットしている野党が職務放棄をしていると、大々的にマスコミに発表させよう」
「そのマスコミですが、毎朝系列とTHS(東京放送システム)系列はどうしますか」
「それもそのままにしておこう。明確な偏向報道が目に付くはずだ。但しネット系のメディアには強く訴えかけてみよう」
「わかりました」
官房長官は行きかけた。
「それから会見を開く。準備をしてくれ」
桐島は『会見』を選択するだけだが、気持ちが入ってしまい、ゲーム上の官房長官につい言ってしまった。
 画面が切り替わり総理記者会見場になった。
「私は国会が空転しているこの非常事態に対して、憲法を一時休止させ、邦人救出、国民の安全確保に向けた行動を取るつもりです。この責は、非常事態が解消した際に国民投票で受けようと思います」
「戒厳令のようなものですか」
男性記者が言ってきた。
「そんなことではありません。独立国として必要な措置を講じるだけです」
「総理、憲法を冒涜する背信行為をするつもりですか」
女性記者の一人が口をはさんできた。
「別に憲法は宗教の教義ではない。現実に即していなければ、変える必要があります。しかし民主主義的な手続きを踏んでいたのでは、遅すぎるのです」
「それで一時休止の期間は、どれくらいなのですか」
別の男性記者。
「非常事態が解消するまでです」
桐島の発言の後、自動的に翌日の新聞の見出しの画面になった。
 『桐島独裁国家』『軍事大国・軍国化の決意』『憲法冒涜の極悪人』『邦人救出名目の侵略』『救国の英断』『憲法休止もやむなし』などが表示されていた。

 その後のシミュレーション画面を眺めている桐島と美優。
「あの自衛隊基地の前で座り込みをしている人たちって、日本人いや、日の本人なのかしら」
「怪しいものだな」
「桐島さん、これは一種の賭けね」
「こんな手を講じるプレーヤーはいないと思う」
「奇策ってわけね」
「奴らのやり口が段々露骨になって来るから、国民の支持はこちらに向かってくるはずなんだ」
「そろそろ昼時じゃない」
美優は、嬉しそうに飲食メニューを手にしていた。
「そうだなぁ、ゲームの時間を進めずに昼飯でも食うか」
桐島は、ゲームを自動シミュレーションモードに切り替えておいた。

注文したローストビーフやクラブハウスサンドなどは、カラオケ店のように係員が個室に運んできてくれた。ひとまず、小休止した桐島と美優は、昼食を取り始めていた。
「ゲームの賞金を獲得したら、何に使うの」
「300万円だからな、二人で分けたら150万円だぜ。しかし、俺がメインで君が補佐役だから200万、100万でもよくないか」
「ええ、、エントリー手続きとか、面倒くさいことをあたしがやったんだから、ここは均等に2分割よ」
「ま、どっちにしても少ないよ。君の兄さんみたいに、プロゲーマーにならないとな」
「んー、だけどうちの兄貴、どうしたんだろう」
「今は、それを考えずにゲーム大会に専念しよう」

 一時間後、桐島はゲームを再開させた。総理執務室のシーンになり、官房長官の顔がアップになった。
「総理、我が自政党と連立与党の創明党が不信任にまわり、内閣不信任案が成立しました」
「ええ、そんなことが」
桐島は、ヘッドセットのマイクを慌てて、オンにしながら言っていた。
「憲法一時休止の暴挙は見過ごせないのが理由とのことですが、野党の働きかけがあったことは明白です」
桐島はヘッドセットをオフにする。
「聞いたか、やられたよ。これでゲームオーバーか」
「でも、まだゲームオーバーの表示は出ていないわよね」
「時間の問題だろう。これで賞金もパァーだな。憲法の一時休止なんてしなきゃ良かったか。昼飯ももっと注文しておくんだった」
「やっぱり全国大会は、難しいわね」
「他に『アンタが総理』の大会はやっていないかな」
桐島は、ゲームを自動シミュレーションにしていた。
「桐島さん、もしかしてだけど、憲法を休止しているなら不信任案は無効じゃないの」
「そうかな、そんな都合の良いことがあるかな」
「だって実際にゲームオーバーになっていないじゃない。この先も続けて見たら」
「続けられたらな」
桐島は腕組をしてゲームのシミュレーション画像を眺めていた。
 国会が紛糾し、野党議員たちが中心に暴れまわり出した。国会議事堂の外の光景に切り替わり、機動隊に左翼の暴徒たちが、石や火炎びんを投げたり、レーザーポインターで、警官の目に照射させたりしていた。国会周辺は騒乱状態になっていた。マスコミや警察のヘリコプターが飛び交っていた。
「なんか、凄いことになっているが、総理はまだ総理官邸にいるようだぞ」
「やっぱり、そうよ。内閣不信任は無効なのよ」
「でも、そんなの守るかな」
桐島は、恐る恐るゲーム上の総理官邸シーンに切り替えてみた。

 官房長官の顔がアップになる。
「総理、釜山民国は米・英・仏・独・日が承認し、中・露・南北鮮が非承認を表明しています」
「これで、取りあえず、対馬の向こうに友好国があるから、直接対峙はなくなったか」
「釜山民国には、駐留米軍の港湾が確保されています」
「その領域は、どれくらいなのだ」
「ほぼ旧釜山広域市内となっています」
「香港やシンガポールみたいな感じだな」
「その上、当初、国境を開放させて、大量に工作員を展開させようとした北鮮人民国ですが、思った以上に難民が南鮮民国に流出したため、人口の激減が懸念され、国境を封鎖しています」
「南鮮民国を混乱させただけか」
「さらに取り残された邦人、今まで抑圧されてきた親日南鮮人たちが、こぞって釜山民国に集結しています」
「極東半島に、取りあえず真の友好国が出来たわけか。でも浮かれて、彼らの事を全面的に信用してはいけないだろう」
「総理、非常事態が解消した際の国民投票は行いますか」
「考えさせたくれ」
桐島は、ゲームを一時停止させた。
 「美優、どう思う」
「ここで国民投票やって、審判を仰ぐわけよね。でもノーを突きつけられたら、多分ゲームオーバーよね。ギリギリまで引き延ばしたら」
「それも一理あるが、引き伸ばすよりもすぐに国民投票をやった方が国民の印象が良くないかな」
桐島は、ゲームを再開した。
 総理執務室のシーンになる。
「国民投票をすぐにやろう」
「承知いたしました」
官房長官が言った後、桐島は、ゲーム上の時間を進めた。

 総理執務室にいる官房長官の顔がアップになる。
「総理、残念ながら国民投票の結果、支持が47.3%、不支持が51.7%、その他1%となりました。野党は内閣不信任を突きつけるようです」
「やっぱ、ダメか」
桐島はため息をもらしてから、自動シミュレーションににしていた。画面をじっと見ている美優。
「でも、すぐにはゲームオーバーにはならないみたいね」
「内閣不信任案が可決してからだろう」
「国民投票は引き伸ばした方が良かったかも」
「今さら、しょうがないよ。今度は憲法は一時休止してないし、内閣不信任案が可決するまでに、飲食メニュー全部を制覇するか」
「どうせダメなら、その手しかないわね」
「たらふく食べ終わったら、時間の無駄だから『ゲーム辞退』のボタンを押すか」

 ほとんどの飲食メニューを平らげた二人。ゲーム大会初日の終了時間の1時間前になっていた。
「まだ生殺しみたいなシミュレーションをやっているが、もう思い残すことはないから、辞退するか」
桐島の手は、カーソルを『ゲーム辞退』に移動させていた。
「ちょっと待って、なんか変ね。内閣不信任案は可決しているのに、どうして、まだゲームオーバーにならないのかしら」
「開催側のプログラムの手違いじゃないか」
「もしかすると…、あたしの直感というか、モノに宿る…この場合、プログラムに宿る思念かもしれないけど、国民投票に不正があった気がしてならないのよ」
「そうかぁ、不正ね。一種の隠しキャラみたいなものか。あれば嬉しいけどな」
「そうよ。だからゲームオーバーにならないのよ。不正を暴けば、優勝も夢じゃないかも」
「やってみるか」
ゲーム画面上のカーソルは『ゲーム辞退』から遠ざかっていった。

 総理執務室。官房長官が目の前に立っていた。
「先日の国民投票だが、野党や左翼勢力の不正がないか調べてくれ」
「総理、そのお言葉を待っていました」
官房長官が言った瞬間、画面の端に表示されていたポイントが15000ポイントも増えた。
 「美優、やったぞ。君の言った通りらしい」
「あたしも、ただの補佐役じゃないでしょう」
「賞金はもちろん山分けだよ」
画面上の官房長官が首をかしげていた。
「あぁ、官房長官、今のは関係ない」
「総理、適切な指示をお願いします」
「国民投票管理委員会から洗い出してくれ」
「わかりました」
桐島は個室のデジタル時計を見ながら、ゲーム上の時間を進めた。

 総理執務室。官房長官の顔がアップになる。
「総理、調査の結果、開票の際に、支持、不支持どちらも記入していないものを不支持にカウントしていたことが判明しました。その他、実際の有権者の1.19倍の票が集計されたことがわかりました」
「それじゃ、正確な投票結果はどうなったのだ」
「支持54.5%、不支持43.1%、その他2.4%に修正されました」
「そうか。しかしこの不正の首謀者は誰かわかるか」
「管理委員の中に野党3党の4つの支援組織が関わっていた複数の人物がいたようです」
「いずれにしても、この事実はマスコミを通して公表しよう」
桐島は、ヘッドセットのマイクをオフにした。ちょうどその日の終了の5分前になっていた。各チームとも4時間の仮眠時間が義務付けられていた。

●4.全国大会2日目
 大会2日目。個室には窓がないため、翌日という感覚はなく、ただ小休止後といった感じだった。先に起きた桐島。美優は仮眠用ソファで寝ていた。 桐島は、一人でゲームを再開させた。しばらくすると美優も目を覚ました。
 総理執務室の画面。
「憲法は無理して改正はしなくても、一時休止で乗り切れることがわかった。このまま行こう」
「しかし総理、次は米中の関係が悪化の一途をたどっています。日の本国として、北米合衆国側に付くしかなのでは」
「戦争にはならないだろう」
「今、防衛省から連絡がありました。先ほど米中の空母が南シナ海で、戦闘状態に入ったようです」
官房長官は、総理執務室のテレビをつけた。そのテレビが画面には、米中の空母から発進する戦闘機の映像が流れていた。
 桐島はヘッドセットをオフにした。
「美優、全国大会は、これだからな」
「戦争になっちゃったの、どうしたものかしらね」
「様子を見るしかないだろう」
桐島はヘッドセットをオンにし、時間を進めて見た。

 総理執務室のテレビを総理目線で見ている画面になっていた。ニュースには、戦闘機が飛んでいく映像が流れている。
『「北米合衆国の空母は1隻撃沈1隻大破、中華共和国の空母は2隻中破となっています。しかし米側のメディアによると双方とも大破2隻としています」』
「総理、互角のようですが」
官房長官の声がする。
「いや、これは北米合衆国がおされているだろう。完全な負けになる前に手を打ちたいはずだ」
「北米合衆国に負けてもらうと、日の本国として、窮地に立たされてしまいます」
「米中双方とも、行きかがり上、引っ込みがつかなくなっているようだ。官房長官、ここは一つ、我が国が米中の和平交渉の仲介をしよう」
「米中に劣る軍事力しかないのに可能ですか」
「双方が手を打つか知れない手があるんだ」

 画面が切り替わり、国家安全保障会議室になった。
「日の本国駐留の米軍の撤退させ、日の本国を米中の緩衝地帯とする。日の本国の中立を維持するために米中双方に核武装を黙認させる。これで北米合衆国は、負け戦の体面が取り繕えるし、中華共和国は、日の本国いる駐留米軍がいなくなることになる。しかしここでネックになるのは、釜山民国の駐留米軍だが、ここも撤退させ、我が国と同じ緩衝中立地帯にするしかないだろう」
桐島が言うと、ゲームプログラムは『思考中』になり、画面が一時停止していた。
 「ちょっと長い説明だったかな」
「会話AIは世界最高レベルを謳っているから大丈夫よ」

 一時停止が解除された。
「総理、この釜山民国は日の本国の核の傘に入るのですか。いくら親日の南鮮人でも、これには抵抗感があるのではないでしょうか」
副総理が言った。
「南北鮮国は北の核の傘に入るのだから、仕方ないのではないですか」
防衛大臣が発言した。
「条文には載せずに、ただ中立とすればいいでしょう。それに釜山民国と言えども、同じ南北鮮人ですから、核攻撃をすることはないはずです」
「まぁ、確かに」
副総理はしぶしぶ同意していた。
「それではこれを米中に打診しましょう」
桐島は言い放った。その後は自動シミュレーションにしておいた。

 桐島たちはブランチを食べていた。
「なんか、優勝できそうな気がしてきたよ」
桐島はナシゴレンを食べていた。
「そんな、油断こいていると、また窮地に立たされるんじゃない」
「それもそうだが、しかしここの料理はみんなうまいな」
「あのぉ、このゲームなんだけど、どこか兄貴の思念のようなものが感じられるのよね」
「思念。どういうこと」
「よくわからないけど、このゲームに何らかの形で携わっている気がするの」
「わかった。大会が終わったら、その件について考えよう」
桐島たちは、1時間程かけて食べていた。

 ゲーム画面は、総理執務室になっていた。
「官房長官、和平仲介の件は、進んでいるか」
「それが、難航しています。中華共和国側がどうも乗ってこないのです」
「わかった。特使を送ろう」
桐島は、画面上に日の本国特使リストを表示させた。一通り目を通すと、与党議員で中国通とされる人物があった。
「官房長官、特使には、田村久二を起用しよう」
「総理、田村は確かに中国とのパイプが太いのですが、問題がありまして」
「なんだ」
「田村は、女性スキャンダルと失言が多いのです」
「過去のことだろう。これからは改めてもらおう」
「念書でも書かせますか」
「あまり意味はないかもしれないが、書かすだけ書かしておこう。それと失言をしなければ、大臣のポストを約束すると付け加えておいてくれ」
「わかりました。さっそく田村を特使として派遣しましょう」

 その後、一週間ゲーム上の時間経過を進めても、和平仲介は滞ったままで、米中は小競り合いを続けていた。しかしさらに3日、時間を進めると、米中の和平交渉の場は京都と決まった。田村は特使として充分に役割を果たしてくれた。その12日後には、桐島の条件も含まれた米中の和平交渉が成立した。

 「美優、上手く行ったよ」
「でもこの田村って男は、曲者なんでしょう。気は抜けないわね」
「ちょうど15時だから、ティータイムにでもするか」
「あたしは、紅茶じゃなくて、デラックス・パフェを注文するわ」
「俺は、特製モンブランのケーキセットだ。注文しておいてくれ」
桐島が言うと、美優は素早くインターホンで注文をした。桐島は、自動シミュレーション画面を映画でも見るように見ていた。程なく、注文の品が来ると、ゲームを楽観視し始めた桐島と美優は、夢中で食べ始めた。

  桐島はゲームを再開した。総理執務室にいる官房長官の顔がアップになった。
「総理、困ったことになりました」
「やっぱり来たか」
「女性は劣っているから、昔から天皇になれる方が少なかった。彼のこの発言がネットに取り上げられ炎上し、野党の耳にも入り、天皇家の後継者問題を検討しろという声が上がっています」
「今時、劣っているとは…、わかった。田村を災害対策担当大臣から更迭し、後継者問題を検討することにしよう」
桐島は、そう言うとゲームの時間を進めた。

 国会内の天皇家後継者問題推進委員会のシーンに画面が切り替わった。この委員会はネットで一部始終が中継されている設定になっていた。
「それでは、女系にするかしないかは、公正を期するためにも国民投票で決めたら良いと思います」
野党の息のかかった委員の一人。
「陛下は国民の象徴ですし、総理も、これなら、ご納得いただけるのではないですか」
別の委員が付け加えていた。
 ゲーム上とは言え、桐島は、若干苛立って来た。
「皇統や伝統を大切にしている天皇家に対して、庶民の価値観を押し付けるのは失礼にあたるのではないでしょうか。ご本人たちの意思を尊重する必要があるので、国民投票で決めるのは、もってのほかと言えます。先例のある女性天皇は認めても、女系天皇は認めないのがあるべき姿です。現代においては人工的な医療方法もあるので、ここで貴重な皇統を断絶させるのは、心苦しいことになります。後々の人々から責め立てられても申し開きようがないでしょう。またこれを右翼的な思想に結びつけるのも全くのナンセンスと言えます」
桐島が言い放つと『思考中』となった。
 「桐島さん、正論かもしれないけど、このゲームで理解されるかしら」
「議論をする場を提供したのだから、言うことは言う必要があるよ」

 画面の『思考中』が解除された。
「確かに。ご本人たちの意思を尊重しましょう」
別の委員が言い出した。
「ご意思は決まっているじゃないですか。男女平等の世の中ですよ」
野党寄りの委員が発言していた。
「本当に男女平等だけが目的ですか、皇統の根拠をなくしたいのでは。共存党は天皇家廃絶を党是としていますよね」
与党寄りの委員が言っていた。

 その後、ゲーム上では、天皇家後継者問題に関する国民投票は行われず、慎重に議論が進められて行った。自動シミレーション画面を見ている桐島と美優。
「見てよ。これで、総理の支持率が上がったみたい」 
「支持率58.9%か。ゲーム上の時間は、後2年あるな」 
「このまま、穏便に進めれば、総辞職もなく、ゴールにたどり着けそうね」
「大会のリアルタイムは、後、2時間少々か」
桐島は掛け時計を見ていた。
「田村を更迭したし、駐留軍もいなくなったし、このまま行っても優勝できるんじゃない」
「いゃぁー、もう一手、やっておこう」
桐島は思い立ったように総理執務室のシーンに切り替えた。
 「総理、いかがいたしましたか」 
官房長官が現われた。
「レールガンは、1年以内に実用化できるか」
桐島が言うと『思考中』となった。
 数秒後『思考中』が解除され、官房長官が動き出した。
「防衛担当者によりますと、2年弱で実用化できるとのことです」
「もう半年ぐらい早くできないか。無理を言ってやってくれ」
「わかりました」
「それと、静止軌道上に、宇宙船を3つ並べた程度の防衛ステーションを作りたい。これはどのくらいでできる」
ゲーム画面は再び『思考中』となる。
 「桐島さん、何をするつもりなの」
「まぁ、見ててくれ、」
 
 『思考中』が解除され、官房長官が動き出した。
「宇宙開発機構によると、こちらは技術的にはすぐなのですが、予算的には2年ぐらいは必要とのことです」
「1年と10ヶ月後に、レールガンを搭載した防衛ステーション完成させたい」
「それは無人ですか」
「できたら有人にしたいのだが、無人でも着実な遠隔操作ができるなら良しとする」
「わかりました。さっそく手配しましょう」
桐島は、ゲーム上の時間を半年後に進めた。

 国会の次年度予算委員会が始まっていた。
「総理、防衛費と宇宙開発予算が、多めになっていませんか」
野党議員が質問してきた。
「現在、自力防衛で中立を維持しています。費用が掛かるのは当然のことです」
桐島は、ヘッドセットで応えていた。
「それでは、宇宙開発の方はどうですか」
別の野党議員。
「新たな日の本国独自の宇宙ステーションを建造しているので、仕方ありません」
「独自のステーションを持つ必要があるのですか」
女性野党議員。
「米・中が既に持っています。宇宙立国を目指す日の本国が持って何がいけないのですか」
「これは航宙自衛隊の創設、強いては軍事大国化の兆しとなりはしませんかね」
共存党の女性議員。
「何でも軍事大国化とか言いますが、平和は天から降ってくるものではありません」
桐島の発言に与党席から拍手が上がっていた。これで次年度の防衛ステーション建造開発費は、捻出することができた。

 ゲーム画面は自動シミュレーションになっていた。ゲーム上の時間も、ゲーム大会の時間も残り少なくなってきた。
「何か政策をやりかけている段階でゲームが終了すると、減点になるらしいけど、大丈夫」
「途中だと減点されるのか」
桐島は、個室の掛け時計を見てから、時間を進めて総理執務室のシーンに切り替えた。

 「もう、1年と8ヶ月が過ぎたが、防衛ステーションの方はどうなった」
官房長官が総理のデスクに近寄ってくる。
「もうまもなくです。来月からステーションの各パーツが打ち上げられます。組立ても含めると、予定よりも一ヶ月遅れのトータルで1年11ヶ月で完成となります」
「ギリギリだな」
桐島は、ゲームを自動シミュレーションにした。
「桐島さん、リアルタイムの方だけど、後10分ぐらいしかないけど」
美優は、そわそわしていた。
「わかっている。この最後のひと手間は、何としてでも終わらせるよ」
桐島は、自動シミュレーションのタイムスケールを見ている。そのタイムスケールが残り20日となった所で、ゲーム画面を総理執務室に切り替えた。
 「総理、無人の防衛ステーションは、無事完成いたしました。これより2週間かけて試射をして、不具合など調整します」
「14日だな。それじゃ15日後に内外のメディアを集めて、デモンストレーションを兼ねた会見をするから、予定を組んでくれ」
「本物のミサイル打ち上げて、デモンストレーションをするのですか」
「防衛ステーションの威力を公表するために」
「国際的な航空航宙各社などに連絡して破片が落下する地域に注意を促す必要があります」
「破壊したミサイルの破片は燃え尽きるのだろう」
「それでも、正式な手続きを踏む必要があります。ならず者国家ではないので」
「わかった。それでいつになる」
「20日後になります」
桐島は、美優に急かされたので、ゲーム上の時間を20日後に進めた。

 総理会見室には、内外のメディアの記者たちが詰めかけていた。会見室の大型スクリーンには、防衛ステーションからの中継映像が映っていた。
 日の本国各地の基地から太平洋上の宇宙空間に向けて核弾頭ミサイルが次々に発射された。防衛ステーションのレールガンが小刻みに動き、目標を捉えて弾丸を発射し次々にミサイルを破壊していく。発射されて数分以内に12発全てのミサイルは撃ち落とされた。「核弾頭を全て廃棄した日の本国は、ここに非核化を宣言し、今後は世界各国の核兵器削減に寄与したいと思います」
桐島がそう言い切り、ヘッドセットをオフにすると、ほぼ同時にゲーム大会の終了時間となった。
 「これで全国大会終了となります。プレーヤーの皆さんお疲れ様です。結果発表は明日になります」
個室のスピーカーから開催者の声が聞こえてきた。

 美優は桐島の顔を見ていた。
「最後の一押しが吉と出るか凶と出るかね」
「わからない。君の兄さんがいたら、なんて言うかな」
「本当に10年間が過ぎたみたいに疲れたわ」
「まぁ、今日のところは、家に帰ってゆっくりとするか」
個室をノックする音がし、開催係員が入ってきた。
「桐島さんのチームは、明日、結果発表の際は、少し早めにお越しいただけませんか」
「なんでですか」
「表彰式の手筈がありますので」
「ええっ」
桐島と美優は、ニヤニヤしながらハイタッチしていた。




桐島真一
島田美優

日の本国
中華共和国
南鮮民国
北鮮人民国
北米合衆国
露連邦国
英連合王国
仏共和国
独連邦国
台湾民国


小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 3代目キセノン さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

このようなゲームがあったら面白いのではないでしょうか。
2019/05/14 15:27 3代目キセノン



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場