ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

小説 投稿 サイト・短編・掌編・長編。ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿

SF/ホラー/ミステリー

『はじめまして!ゲームキャラ!!はじめまして!現実世界!!』

COLK著



ここは、日本の、

「宙霧県・彩夢町そらぎりけん・さいむちょう」。





そこには、「鳥翔小学校とりかけしょうがっこう」に通う

ゲーム好きな小学6年生の男の子

「夢尾遊舞ゆめおあそぶ」がいる。





彼は、最近、発売された、

「Partnersonパートナーソン」という据え置きゲーム機の

「Limitless Chance!(リミットレスチャンス)」という

格闘ゲームに熱中している。





ゲーム機の名前の

「Partnersonパートナーソン」とは、

「相棒」を意味する「Partnerパートナー」と

「人間」を意味する「Parsonパーソン」を

掛け合わせた造語であり、

「単なるゲーム機ではなく、ゲームを遊ぶ人にとっての

相棒の人物のような存在」という意味が込められている。





そして、「Limitless Chance!(リミットレスチャンス!)」は、

ストレートな名前だが、その名の通り、

「無限の可能性」という意味が込められている。


ある日の月曜日、祝日で、遊舞は、家族で

テーマパークに遊びに行く予定だったのだが、

雨が凄く強かったので、予定を変更し、行かない事にした。



「クソ〜!今日は、アレ、僕の大好きなゲームのイベントも

いっぱいあって、凄く楽しみにしてたのに!!」

母が「仕方ないわよ」と言った。

父は「また今度、必ず、行こうな」と言った。





遊舞は、悔しさのあまり、泣いてしまった。

宿題は、金曜日に終わらせてしまったし、外に出る事も難しく、

他にする事がなかったため、仕方なく、昨日、ラスボスを倒し、

クリアしてしまった「Limitless Chance!」を、またプレイした。





「よし。ストーリーモードは全部やっちゃったから、ヒマだけど、

フリー対戦モードで遊ぶか」と言って、遊んでいた。





遊舞は、色んなキャラを使って遊ぶ。





ガチャガチャガチャガチャ





そして、遊舞がそのゲームで1番好きな、

「とても頭が良い」という設定のキャラクター

「アーチフィス」を選んで戦おうとしたその時、

画面が急に真っ黒になり、ゲーム機やテレビの電源も切れた。





「え!?アレ!?おかしいな。今日は、確かに天気が悪いけど、

雷は落ちてないから、停電≠チて事はなさそうだし」





その時、テレビが、まるでフラッシュのように、とても眩しく光った。





「うわぁぁぁぁぁっ!!!」


腕で顔を隠し、その眩しい光から自分の目を守り、

光が収まった直後、目を開けてみると、

目の前に、等身大の「アーチフィス」が立っていた。





先に言っておくが、アーチフィスは、

ロボットではなく、人間である。人種は、イギリス人で、男性だ。





「え!?一体、コレって!?」

試しに、ほっぺたをつねってみた。





ギュ〜∞パッチ





「痛ッ!!」





やはり、今、見ているこの様子は、

どうやら紛れもなく現実のようだった。





「え〜!?嘘でしょ〜!?」





そう言う遊舞に対し、

アーチフィスは、

「いえ、私はここにいます」と言った。

「スッゲ〜!ホントかよ〜!!しっかし、

言葉も、ちゃんと話せるんだな〜!!それに、

全然ぎこちなさがなくて滑らかだし!!!」





遊舞は、試しに、

アーチフィスをコントローラで動かそうとしてみた。





だが、動かない。





「アレ?何がダメなんだろ?」





動かそうとしてみるが、動かない。しかし、良く見ると、

背中のところに、「CONTROLコントロール」と

書かれたスイッチがあった。





「へ〜!ロボットじゃなくて、人間なのに、

こんなスイッチが付いてるのか〜!!」





そのスイッチを押して、もう一度、操作してみた。





カチャカチャカチャカチャ





すると、動いた。





ガシャンガシャン





「ワッ!動いた〜!!よし!、じゃあ、今度は、

パンチやキックをしてみよう!!」





ドンバンバンドン





カチャカチャカチャカチャ





「よし!次は、魔法を使ってみよう!いや、待てよ。

アーチフィスは、色んな魔法を使えるけど、ここで魔法を使ったら、

家が大変な事になる。やっぱり、やめとこうか」





遊舞は、ちゃんと後先を考えて、

魔法を使う事はやめておく事にした。





すると、その直後・・・





「遊舞〜!ご飯よ〜!!」

「あ!ヤベ!!どうしよう!!」





慌てて操作すると、アーチフィスが透明になった。





「フ〜ッ!!助かった〜!!このキャラに、

透明になる能力があって良かった〜!!でも、いなくなったワケ

じゃないよな?どうなるんだろ?まぁ、良いや」

小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である COLK さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

僕は、ゲームが大好きです!

なので、この作品を書きました!

この作品も、さまざまなサイトに投稿しています。

このサイトでこの小説を読んでくださって、
もし、
「この作品、この先の展開どうなるの?」と気になってくださったら
別のサイトでも読んでください。

まだ連載中ですが。

よろしくお願いします。
2019/04/17 19:20 COLK



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場