ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

小説 投稿 サイト・短編・掌編・長編。ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿

SF/ホラー/ミステリー

『ぐにゃり』

源 新♀著



 最近僕は、変な夢を見る。
 今夜もこの夢に僕は招かれたらしい。

 ぐにゃり
 ぐにゃり

「おぇっ……!!」
 見るもの、触る物全てがぐにゃりと曲がっている。目の前を跳んでいるウサギも
 ぐにゃり。
 お母さんも、妹も
 ぐにゃり。

 あまりにも気持ち悪いので吐き気を抑えられない。
 一歩進むごとに
 ぐにゃり。
 あたたかい陽を浴びてもその空気さえ
 ぐにゃり。
 ぐにゃり。
 ぐにゃり。
 ぐにゃり。
 ぐにゃり。
 ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。ぐにゃり。
















 ジリリリリリッ

 目覚ましが今朝も大声で僕を夢から連れ戻す。
「はぁ……」
 布団を見ると、汗でぐっしょりと濡れていた。
 小4の頃までオネショをしていた僕だ。こんな夢を見て布団が濡れるだけとは進歩なのだろうか。
「わっ」
 布団が汗だくということはもちろん僕も汗だくなわけで。ずぶ濡れの髪をつたった汗が目にしみる。
 僕はいつも通りの世界に戻れたことを実感しながら手で目を拭った。
















 その瞬間












 

 ぐにゃり。

小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 源 新♀ さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

 どうでしたか?
 彼は今、夢のなかなのでしょうか?それとも現実が……。
 

 皆さんは不思議な体験をしたことがありますか?私の友達には1年に3,4回予知夢を見る子がいました。予知夢といってもクラスでどんな会話がされるとか、小さな予知でしたが。
 昔から夢は人の未来を示すと考えられてきました。
 皆さんも、不思議な夢を見たときはくれぐれもお気を付け下さい。
 もしかすると、あちら側に連れ込まれてしまうかもしませんから……。
2018/04/02 10:04 源 新♀



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場