詩・短歌・俳句の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

詩・短歌・俳句 投稿 サイト/短編・掌編・長編。詩・短歌・俳句の投稿

詩/短歌/俳句

『薄明の中で』

積 緋露雪著



其処には薄ぼんやりと今にも闇に隠れそうな《存在》の実相が
仄かに見出だされ、《存在》は昼間の作り笑顔を已めていい時間へとやって来たのだ。

――ほら、これこれ。これが「私」だ。

と、薄明の中、鏡に見入る《存在》共は
己の本性が漏れ出てしまふ薄明の中で、
奇妙に蠕動する《吾》と言ふ《存在》の本音を見ては、
――ぶはっはっはっ。
と哄笑するのだ。

そして、《存在》共はすぐそばまでやってきている闇の時間に没入するべく、
《吾》に対して昼間には隠さざるを得なかった本性を
ちょろちょろと出してみては独り言ちてゐるのだ。

――ほらほら、これが「私」なの。どう? 「私」は《吾》に変貌していいかしら。
と、一人の少女が薄明の中さう呟いたのだ。

と、そこでたまゆらに真白き精霊がその少女から飛び立ち、
さうして一つの命が途絶えたのだ。

――やっと「私」は《吾》になり得、さうして、地獄へ行くのかしら?


詩/短歌/俳句のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 積 緋露雪 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。


2019/10/11 17:49 積 緋露雪



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場