詩・短歌・俳句の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

詩・短歌・俳句 投稿 サイト/短編・掌編・長編。詩・短歌・俳句の投稿

詩/短歌/俳句

『光』

1771著



それは運命だった
閉ざされた扉を叩いているのは
誰でもない僕だった
それは光だった
この部屋の中に何かが舞い降りた
全てを愛しく思えるようになったんだ

今、何がしたいの?
いつも何かを考えては弾けていたね
果てしない妄想に走りながら
広すぎる世界に疲れていた僕がいた
窓の向こうで君が待っている
太陽も街も僕を待っている
今だけは見逃せないんだ
気がつけば扉を壊している僕がいた

それは運命だった
僕を誰よりも強く磨いていくのは
誰でもない僕だった
それは光だった
地上を歩いていく意味を初めて知った
今だけは見逃せないんだ
気がつけば僕を活かす光があった

詩/短歌/俳句のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 1771 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

お久しぶりです。1771です。久々に詩を投稿してみました。
2019/04/17 19:42 1771



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場