詩・短歌・俳句の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

詩・短歌・俳句 投稿 サイト/短編・掌編・長編。詩・短歌・俳句の投稿

詩/短歌/俳句

『怒るとこわい』

工藤吉生著



〈1〉
赤だけどわりと悠々渡ってるおとこ見下ろすバスの座席に

〈2〉
雨に濡れ乾いたままの窓ガラスを通して見える木々のざわめき

〈3〉
目の覚めるほどに真っ赤なトラックとあくびしている間にすれちがう

〈4〉
ギター弾く人のうしろを通るとき振り向かないでくれと願った

〈5〉
ジャヌカンの「鳥の歌」には「笑わせてやりたい放題」という歌詞あり

〈6〉
ふざけてる替え歌みたい制服の上に乗っかるオレの顔面

〈7〉
声のでる自販機いなくなってから記憶が鳴らすイラッシャイマセ

〈8〉
つかのまの光は自分に影がある事実を思い出させてくれた

〈9〉
豪快にはみだしているベーコンをかじって並のはみだしとする

〈10〉
いいですよ隣の車輌にもうひとりオレがいたってかまいませんよ

〈11〉
遠慮したレジの袋でできているみどりの星よあおい空気よ

〈12〉
同一のポスター四枚ならぶうち奥から三番目を見てた人

〈13〉
バス停に女性が持っている本のタイトル見えてグーグルに打つ

〈14〉
不審者の情報はオレと一致せずまだ大丈夫春はこれから

〈15〉
悪臭がただよってくる「文芸」の棚で立ち読みする自分から

〈16〉
湧いて出た唾ならかまわないのだがよそものは断固おことわりだね

〈17〉
春の日はクリーム色に暮れかかり鼻の右側それとなく掻く

〈18〉
この人はこんな感じで怒るのか ヒトは怒ると大体こわい

〈19〉
仰向けにさせてみたってリラックスできないようだ我が家の猫は

〈20〉
ゆうぐれの橋を渡って川を見る散歩コースはオレのぜいたく




詩/短歌/俳句のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 工藤吉生 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

短歌20首
2018/07/05 10:03 工藤吉生



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場