歴史小説・現代小説の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

歴史小説・現代小説 投稿 サイト/短編・掌編・長編。歴史小説・現代小説の投稿

現代小説/歴史小説

『日常ってなんでしょうか?【2人目】』

柘榴石著





佐久也「わーかーばー!!!((ドンッ」
若葉「うわっ?!何だよ!」
佐久也「あのさぁ!渚とオレどっちの方が
バカ?渚だよな?な!」
若葉「え、俺から言わせてもらうと
どっちもどっちとしか…」
佐久也「はぁ?!オレ別にバカじゃないし!」
若葉「あー…うるせぇ」


あーあ、若葉ってば佐久也に捕まっちゃった♪
大変だねーww


若葉「てかそれ、渚も似たようなこと
言ってたぞ」
佐久也「ハ?うそ?!」
若葉「いやホントだよ」
佐久也「うーそーだーー!!
オレと渚が同じとか
アーリーエーナーイーーー!!!」
若葉「だからそーゆーところが似てんだよ」
佐久也「若葉の嘘つきぃ!バーカバーカ!」
若葉「あ''ぁ''?」
佐久也「スミマセンデシタ」
若葉「お前もうどっか行けや…
優雅ん所にでも行って罵られてこいよ」
佐久也「うぇぇ?!若葉ヒデェ!
ヤダよオレ死んじゃうじゃん!」
若葉「いんじゃね?」
佐久也「っっ!
そ、そんなコト言うなって〜…な?」
若葉「お前は一度、死なない程度に
痛い目見れば良いと思う。」
佐久也「だから優雅相手だと死ぬよ?!
冗談とか抜きで!」
若葉「なんだ分かってんじゃん」

何言いたい放題言ってんだテメェら
○すぞこの野郎共が


若葉『((ゾクゥッ』
佐久也「?若葉どしたの?」
若葉「い、いや?なんか今寒気が…
てかさっきから
誰かに見られてる気がするんだよ」
佐久也「視線を感じるってーこと?」
若葉「あぁ…」


あ、気づかれたかもな〜…
奇襲攻撃ならずか、つまんねーの


佐久也「!優雅見っけ」
若葉「…何で柱の影から覗いてんの?
声かければいいのに」


…見つかっちゃった♪


若葉「てか、さっき寒気したんだけど
優雅何考えてたの?」
佐久也「もしかして…
オレらの話聞いてたとか?」
若葉「っ!何処から?!」
優雅「初めから♥︎」
若:佐「((あ、死ぬなコレ」
優雅「2人共さぁ…人が黙って聞いてりゃ
随分言いたい放題だねぇ?」
若葉「えーっと…、スイマセンデシタ」
佐久也「え、オレ謝るの?」
若葉「・・・。」
優雅「サークーヤーくぅーん♥︎
後でちょっと話あるから♪
勝手に帰んじゃねーぞ((イラァ…」
佐久也「…ハイ(泣)」
若葉「佐久也…ドンマイ」


この後サクヤがどうなったか?
えーww俺に聞く?w((ニコニコ
想像にお任せするよ♡







小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 柘榴石 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

ハイ柘榴石です。
あまり早いペースで書くことは
出来ませんが、シリーズのつもりです
暖かい目で見守ってて下さい。
2015/12/20 23:01 柘榴石



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場