歴史小説・現代小説の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

歴史小説・現代小説 投稿 サイト/短編・掌編・長編。歴史小説・現代小説の投稿

現代小説/歴史小説

『機能不全家族』

T・K著



 私は今、カーテンで囲まれた白い空間で、アナタを上から眺めている。
「二ヶ月ぶりですね」言葉を発するが、反応は薄い。
 カーテンをひく音と共に、後方から声がする。看護師だった。
「失礼します。房枝さん。お薬を塗りますね」
 布団を剥ぎ、手早く処置していく。
「床ずれが酷くなって、お辛そうなんです」
 アナタの背部にある穴が、500円玉状になり、出血している。
 相当酷くなった。
「痛い! 止めてくれ」
「房枝さん。薬を塗らなきゃ、床ずれが治らないからね」
 処置が終わると、看護師は挨拶をした後、詰所へと戻った。
 現在、鼻から管で栄養を摂るアナタは、物言いたげに私を見つめる。堪らず、一度も見舞った事がない、弟の名前を発した。アナタの自慢の息子の。
「功。見舞いに来ました? 何故来ないのかしらね」笑顔で言う。アナタの笑顔を見た記憶など無い。
 身体全体が浮腫んだアナタの手が、こちらに伸びてきたから。反射的に避けた
「長生きして下さい。直ぐには逝かないでね」
 早く逝きたいかもしれないけどね。
 カーテンを開け、病室前の詰所へと向かう。
「娘さん。延命治療をご希望されるとの事ですね」
「お願い致します。父も他界しておりますので」と返して出口に向かう。
 院外では森林の木立の中に、親子連れがいた。
 すると不意に想起した。アナタは般若の様な形相で私に向かい、「なんの取得もないダメな子だ。全部お前が悪い」と罵しり、暴言と暴力を投げつけていた。
 私は腫れた赤い頬を抑えながら、「全部自分が悪いのだと」責めていた。震えながら。

 俺の元へ、姉から「あの人の延命治療する?」とのメールが久方振りに来た。 任せると答えた。
 子供の頃は、あの人から期待され続けた。明らかに違う姉との待遇の差。俺は優秀だから仕方がない。姉が馬鹿だから悪い。と思っていた。あの人の言う通りにすれば、全て上手くいくと信じていた。間違い……だった。

「姉さん」森林の木立のすき間から声をかける。
「来たの」
「あの人は 」
「痛そうだったわ」
「それで?」
「生かしたわよ。死んで楽にさせたい?」
「……。もう行くよ」

 俺は踵を返し姉に背を向けた。娘夫婦と暮らす姉は暖かい家庭へ戻り、俺は独り空虚な生活に戻る。
『失望』されていた姉と、
『期待』されていた俺と。
「被害者はどちらだった? お母さん」
 永遠に答えが出ない問いを、光射す森林の木立に投げかけると、虚しさだけが募った。






小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である T・K さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

毒親は子供を自分の所有物だと思う傾向があるみたいです。

きちんと個々を認めてあげないといけません。

親から愛されない子供は、年を重ねても悲しいものです。


2019/01/17 22:39 T・K



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場