歴史小説・現代小説の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

歴史小説・現代小説 投稿 サイト/短編・掌編・長編。歴史小説・現代小説の投稿

現代小説/歴史小説

『ブルーの用意はできている』

折原為替著




1.けした所が恋のはじまり




 帰りの電車は夕日に照らされ、過ぎていく景色に影を落としながら走っていた。ふと「君はそこでずっと夢をみていればいいのさ」というフレーズを思いだす。星の光る夜に二人出かけて、風の落ちる晩はただただお喋り。恋の終わるその朝まで、短い月明かりの時間のもとでいよう。何度もきいた歌。石田春子は今日のことを祈るように回想していた。
 
 感情はゆるやかな波だ。ひいては満ち、満ちてはひく。いうならばわたしは海。ちょっと大げさか。でも自然現象というものにも意味や理由なんてないから、似たようなものだとおもう。
 最近、ポートレート撮影の被写体になる頼みを引き受けた。男のスタジオ兼自宅や街中などの野外で約二時間撮影する。謝礼金もくれる。今日はその三回目だった。場所は男のスタジオ兼自宅。簡素な部屋に響くシャッターの音と光のなか、いつもと違うのは衣服と下着を脱ぐということだった。事前のメールで承諾していたことだったので特にお互い大きなリアクションもなく、その日の撮影は無事に終わった。男は終始「完璧ですね」、ベッドで横たわるシーンでは「ほめてないかもしれないですが、よく似合ってますね」、キャミソールの紐が肩から落ちた時は「鼻血出そうですね〜」などの淡白なコメントをする。気に触れるようなことは一切言わない一定の距離感のある慣れたスタイルだとわたしは思った。撮影中かどうかにかかわらず、基本的にあまり会話をしてこない。歳はおそらく三十代後半から四十代前半で、華奢で穏やかそうで、おしゃれ。そう、雰囲気でいうとスピッツの草野マサムネみたい。あー今気づいた。本当に似てる。撮影中はライトの関係上だろうか、部屋の電気が消される。暗闇で指定されたポーズや態勢をとったり自由に動きまわる。。あー快感。うける。エロいな〜。撮影中、わたしはそんな感じだった。名前も職業もしらない草野マサムネと密室で二人、わたしは全裸。退屈で平凡な毎日に、それは単に刺激的だった。この感覚は祈りに似ている。甘美。今なら空も飛べるはずだとおもった。

 電車は降車予定の一つ前のホームで緊急停車した。人身事故があったようだ。さっきまで西日に照りつけられていた車内はずいぶんと人が減り、どこかひんやりとしている。スマートフォンの画面に「いまどこ?なにしてんの」といつものお決まりの、「いまなにしてる?メッセージ」が入っていた。このいまなにメッセ(ひそかにそう呼んでいる)は一日に数回春子の交際相手からくるものである。二十七歳サラリーマンの彼との交際はたびたび息づまりながらも、いま半年をむかえる。彼も、彼を取り巻く周囲の人も、春子からするとゾンビである。生きているようで死んでいる。社会にでるということはこういうことなんだという、人生の答えなるものの種明かしをみている気分で恐ろしいし、どうか別の生きものであってほしかった。彼や彼の周囲の人は春子が友人と旅行に行っただけで「お前は羽を伸ばしすきだ」という。あるときは「彼氏がいるのに男友達と飲みに行くなんて低俗でばか」だと。あー意味わかんね。表面上で春子はこうキレてしまうが、本当は悲しくて悲しくて仕方がない。観念の拘束は苦しくて息がつまりそう。他人への愛のある理解の発想がないひとがいるという現実が悲しい。これがどうしてもわからないひとが社会にでるともっとたくさんに増えるという恐ろしくて仕方ないこの世の真理。そしてこれが彼に対する絶望の原因。すべてを嫌う幼さを隠し持ったまま春子が二十歳を過ぎてしまっただけなのかもしれないけど。でも本当のこととは一体なんだろう。春子は、もっと自由に生きていいよ、と誰かに言ってほしかった。

 ホームの人身事故は、中年サラリーマンの飛び込み自殺だという。春子の隣に座っていた若者カップルは「飛び込み自殺したらかなりの賠償金払わなきゃなんだよね?」「親に迷惑かかるからあかんわ〜」などという会話をしている。Twitterを開くと、「人身事故で遅刻しそう、最悪」「他人に迷惑のかからないところで死んでくれ」という旨のツイートが交錯している。中年サラリーマンの心の悲しみに思いを馳せようとするひとはどれだけいるのだろうか。呪われた日本社会。春子は電車の窓から見えるホームの雑踏をぼんやり眺めながら、いつかみんなゾンビになってしまうよ、とつぶやいた。

 電車を降り、一駅分歩きながら帰路についた。近所のスーパーで良いリンゴの選別に奮闘していると突然声をかけられた。そこには高校時代の友人。しかも赤ちゃんを背負っている。結婚して子供も授かったという彼女は、慣れない子供の世話や家事にせわしない毎日だと明るい笑顔で話していた。春子は、心のなかの半紙に太筆で殴り書きでもされたような気分になった。意味不明だがいっそ殴られたかった。気を取り直してリンゴの選別作業を再開しようとしたが、今度はふと草野マサムネのことが思い浮かんだのでなんとなくリンゴのことは諦めて帰った。

 翌日も、翌々日も、春子は草野マサムネのことを考えた。個人サイトにアップされていたポートレート写真に映る女の子たちに嫉妬した。また撮ってもらいたい。男の帰りを家でじっと待つ女のような心持ちで、草野マサムネからの連絡を待っていた。

  *
 
 十月。大学の講義が早く終わり、春子はいちょう並木の下を歩いていた。小沢健二のあの有名なセレナーデを口ずさみながら。肌寒い秋風が吹き、これから訪れる冬を予感させる。待ち合わせの場所に行くと、仕事終わりの交際相手が大きく手を振りながら駆け寄ってきた。もう夏は過ぎたというのに、まだ半袖のシャツを着ている。夕飯の時間には早かったので近くの公園を散歩したあと彼の家へ向かった。
 家に帰ると彼はいつものようにテレビでやっているバラエティ番組をみながらありえないくらいげらげら笑う。春子も同じように笑いながらだらだら過ごす。まったくのいつも通り。特に話すことはない。このあとは一緒にお風呂にはいり、アイスをわけあって、それから寝る。生活はルーティン。バラエティ番組がコマーシャルになったとき、ふいに服の中に手が伸びてきた。
「さいきんしてない」
 と甘え声。
「そうだっけ?でも今日疲れててあんまりしたくない〜」
「疲れたって大学行っただけじゃん。おれのほうが疲れてる」
「いや〜ほんとにごめん。ちょっとしんどい」
 気分じゃなかった。笑ってごまかして立ち上がりキッチンへ向かう。彼が接待ゴルフでブービー賞に輝いたときの景品だったワンボックスのビールを消化するため、冷蔵庫に向かう。ビールが飲めない彼にはいろんな意味で実に皮肉なものである。苦笑しながらドアをしめようとしたとき、ふと冷蔵庫の上段にリンゴがひとつ置いてあるのが目についた。
「このリンゴどうしたの」
「あ〜それ上司の出産祝いに行ったらさ〜、奥さんにもらった。いる?いらないか。でも赤ちゃんってほんとかわいいよな〜。春子も好きだろ?」
 冷蔵庫のリンゴはやけに赤くて胸を刺すようだった。 
  
  *

 十月後半。男の自宅のドアの前。少し早く着きすぎたせいか、チャイムを鳴らしても応答がない。しばらくすると、雨の中傘をさして男は帰ってきた。スーツの肩に雨のしずくが落ちている。
「はやく着きすぎてしまいました、すみません」
「いいですよ、こちらこそギリギリですみません。いつもならもっとはやく仕事終わってるんですけどね」

 テーブルの上にペットボトルのお茶を置き、飲んでくださいねと草野マサムネはいう。
「前回のは大丈夫でしたか。僕もあんまり慣れてなくて」
「まあなんとか。大丈夫です」
 前回ので最後なのかと思っていたら、先週再び撮影の依頼を受けたので春子の心はおどった。しかしこの歓びがばれないように冷静な対応を心掛けた。勘づかれたらみっともない。恥ずかしい。冷静に冷静に。しかし、いままで撮影内容にすこしずつ進展(妙な言い方をするようだが)があったので今回はまた期待し、緊張していた。

「先週の撮影の後、大丈夫でした?電車」
「止まっちゃったので歩いて帰りました。一駅分ですけどね」
「不謹慎かもしれないですが、ああいう事件がおこると、生活というものをより実感してしまうんです」
「え?」

 男は、なんでもないと首を振り、撮影機材の場所を調節しながら、微笑を浮かべた。ライトの陰影で口元のしわがくっきり見える。春子がおもうよりもっと年上かもしれないとぼんやりかんがえた。話してみると意外に声が低いこともわかった。

「今日は普段の雰囲気を撮りたいので自由にしててください」
「脱衣は」
「今回は大丈夫です」
 心の中にいる私の外国人が「オーマイガー」と悲鳴を上げた。期待していた自分を恥じた。でも残念。なので会話をしてみることにした。
「ひとつ聞いてもいいですか」
「どうぞ」
「窓辺においてあるリンゴはなんですか?」
「ああ、あれは大学在学中に使用してたデッサン用のものです。捨てに捨てきれず、この年まで大事にしてるなんてちょっと恥ずかしいですよね。婿入り道具にでもするかな」
 
 はは、と笑って、春子にプラスチックでできたつるつるのリンゴを手渡してくれた。春子ははじめてここに来た日からずっと本物のリンゴだと思っていたので驚いた。夜の外気に冷やされたのか、とてつもなくひんやりしている。つまらない宝物を眺めてにせもののかけらにキスをする草野マサムネは、いつものように淡々と撮影を続けていた。にせもののつめたいリンゴがなんだか無性に好ましくて涙がでそうだったがこらえた。ふいに部屋の電気が消された。好きだ、と春子はおもった。ああこれだったのか。耳元で波の音が聞こえる。何をいいたいのかというとそう。江戸のとある色男も言っていたように、まさに、けした所が恋のはじまり。





小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 折原為替 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

趣味をかきあつめたつぎはぎだらけの文章になっていてお見苦しいかと思いますが最後まで読んでいただけると幸いです。
2018/12/15 23:47 折原為替



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場