歴史小説・現代小説の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

歴史小説・現代小説 投稿 サイト/短編・掌編・長編。歴史小説・現代小説の投稿

現代小説/歴史小説

『53話: しょうのない女』

比呂よし著



 M男とは毎回徹夜明けに近い時間までの頑張りだったから、女もへとへとに消耗した。翌日の昼間は、体がふらついて困った。バレエで回転の練習をすると、体が勝手に天井まで舞い上がる気がするのは、男のロケット技術のせいだと、女は見当外れな嘆き方をした。

「でも、アノ人、本物の実射は最初の三回だけで、後の四・五回目は空撃ちだったのよ。彼は自分が楽しむと言うより、宇宙まで昇天する私の姿を眺めるのが好きだったみたいだから、ああいうのは、ちょっとばかり変態男よね!」 

 けれども、「変態男!」と口ぶりだけは嫌そうなくせに、「手わざも含めて、一晩で四・四の十六回昇天したのが最高記録よ!」と言う女の表情が、それを裏切っていた。当人は案外楽しんだに違いないーーー、しょうのない女だ! 

 粉ミルクの好きなロケット男に対抗して、女も二ヶ月半頑張ったが、M男の出張が月3回の時もあって、これが問題。プルトニウム入りでやたらに強い男だから、女も体力と気力を要し、腹など空かせておればベッドで行き倒れになってしまうと、真顔で心配した。「貯金も充分に貯まったから」という口実で、とうとう女の方から逃げ出した。

 こうして憎きM男を退治したから、パトロンクラブの官房長官としては、やれ嬉しや!ほっとした。その後、女の我がままを聞いたり、ロケット男の後任を補充したりで、体制立て直しに私は結構忙しくさせられた。

(つづく 明日夜)


小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 比呂よし さんに帰属します。無断転載等を禁じます。


2016/07/24 19:39 比呂よし



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場