ファンタジー小説・童話の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

ファンタジー小説・童話 投稿 サイト/短編・掌編・長編。ファンタジー小説・童話の投稿

ファンタジー/童話

『1シンラ 』

ぷーでる著



   『霊鳥』

 三峰山の奥北に、人知れぬ異界の入口がある。
 闇トンネルを進むと、鏡の森があった。

 鏡の森は鬱蒼とした、
 蒼深い原始の森だ。
 そこは、人を寄せ付けない。

 ここでは狼が守護し、
 トラツグミが、物の怪の行き来を先導していた。
 
 鏡の森を抜けると、鏡村に着く。
 そこでは、女仙人のフチと同じく
 夫である仙人のジドが住む。

 フチとジドは昔、普通の人間だった。
 年をとり子供に迷惑をかけられないと考えた。

 二人は、人里を離れ、
 山の中で生活するうちに仙人になる。
 木造五階建ての温泉旅館の屋敷も建てた。
 
 ここへくるのは、現世で傷ついて
 息抜きをしてやってくる魂達だ。


 しばらくして、武蔵の村人達が、
 あらゆる魂が現世で人に必要とされず、
 荒ぶる鬼神や物の怪になった者達を二人に
 治めてほしいと頼んだ。

 それ以来、魂の温泉旅館の
 経営だけでなくずっと鏡村で
 物の怪や鬼神を治めている。
 
 その晩、フチが満天の
 星空を眺めていた。そこへ、
 神速で飛んでくる、七色の流星を見つけた。

 どんどん接近してきて、
 それは、霊鳥である事を知る。

 霊鳥は、命を運ぶ神聖な鳥だ、
 とても縁起のいい鳥である。
 
 遥か彼方から、宇宙の旅を
 永遠に続けていた。そして地球の上空を、飛んできた。
 
 「何て美しい霊鳥だ!」

 フチが感激していると、
 霊鳥は七色のオーラを放ちながら、
 何処かへ飛び去って行く。
 
 七色の光は、宝石の様に美しく、
 何故か悲しく儚い輝きだった―
 
 「また、見られるといいのう」
 
 フチは、霊鳥が飛び去った
 満天の星空をしばらく見つめていた。

小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である ぷーでる さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

去年、投稿したシンラを書き直して投稿しました。
2018/01/23 18:59 ぷーでる



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場