ファンタジー小説・童話の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

ファンタジー小説・童話 投稿 サイト/短編・掌編・長編。ファンタジー小説・童話の投稿

ファンタジー/童話

『連れの彼女は高級食材〜養殖エルフの逆襲〜 1』

今井舞馬著



連れの彼女は高級食材
 
 プロローグ

ここは帝国の北部に位置する地方都市カラトス。南に広がる平原と、北の森林に挟まれる形で存在している。
 畜産を主とするこの町では過疎化が進み、閑散としたもの悲しい雰囲気が町全体を包んでいる。
 俺はそんな静かな街の酒場で一人、酒を飲んでいた。
 昼間は見ているだけでもセンチメンタルになるほど寂れた酒場だが、夜になるといくらか賑わいを取り戻す。
 陽の昇っている昼間よりもなぜだかほっこりと暖かい空気で満ち、次第に明るい笑い声が灯っていく。
 俺がこの街に来たての頃は、殺伐とした空気を好んで気取っていたが今は逆だ。人肌がすっかり恋しくなってしまった。
 俺は昔から人付き合いが苦手だったから、今も、仕事では割とストレスが溜まる。
 最近ではそのストレスも、すっかり酒で流し込むことが癖になってしまったが。
 チリリン、と鈴が鳴って古びたドアが開くと、大柄な男がぬうっと姿を現した。縦横に伸びた幅広いその体躯は圧倒的な重量感を誇っている。
 彼の名はアイン。見ため通りの豪放な性格で、どんな話題を振られても、最終的には豪快に笑い飛ばしてしまうような、そんな男だ。
 アインは酒場の隅に座る俺を見付けると、ドカドカと歩み寄り、テーブル越しの椅子に腰掛けた。彼が座った衝撃で、テーブルの上の料理がもれなく垂直にジャンプする。
「お前、今椅子メギョッていったぞ、大丈夫なのか?それ」
 俺が呆れ半分、心配半分でアインに問うと、
「バカ野郎、酒場の椅子はそんなにヤワじゃねぇ」
と、アインはあごひげをジョリジョリと擦りながら笑みを浮かべた。
 それから少しばかり世間話をしていたが、話は、俺が過去に何をしていたか、ということに移った。
 俺は凄惨な自らの過去を他人に打ち明けることを躊躇ったが、アインがもったい付けずに早く喋れとせかすので、俺は仕方なく己の過去について語り出した。
「あれは今から十年も前のことだ……」
 俺は酔った勢いもあいまって饒舌に口を動かし始める。
 本当は誰にも明かせないような過去なのだが、アインにならば話してしまっても良い、何故だかそんな気がした。

   第一章 旅路

 俺の生まれ育った村は、森の北西にある小さな貧しい集落だった。
 若者から中年の世代はもれなく都市部に流出し、村に残されたのは、ろくに動けない老人と、俺ただ一人。つまり、働き手はほぼ俺だけだ。
 母は死に、父は幼い妹を連れてどこかに行ってしまった。
 だか、それでも俺は、村を守るため必死で森中を駆けまわり、国からの配給も合わせて何とか食糧を確保していた。
 しかし、それでも次第に供給は追い着かなくなり、需要もそれに呼応するように、ポツリ、またポツリと、飢えて死ぬ者が現れた。
 そして、帝国はついに、死にかけのこの村を見捨てた。
何の特産物もなく、経済効果も期待できないこの村に、国は肉を撒き続ける理由はないと判断したのだ。
だから俺は、この村の危機を何とかしようと禁断の狩りに手を出した。

俺はあの日、いつものように狩りに出かけた。あれはよく晴れた日の朝だった。空気は清涼に澄み渡り、小鳥はチキチキと朝の音楽を奏でていた。
二十分ほど、あちこちに仕掛けた罠の状態をチェックしつつ、村周辺の森を探索していると、針葉樹の合間を縫うようにして二匹のエルフが現れた。
こんな所に珍しいと少し驚きつつ様子をうかがっていると、何かにおびえているのか、二匹で肩を寄せ合うようにして歩いているのが見て取れた。
周囲を警戒しているようだが何かあったのだろうか? 俺は考えた。
国営のハンターに追われている? いや違う。前回、大規模な猟が行われてからそう日は経っていないし、緊急猟の情報もない。大丈夫なはずだ。
密猟者の立場からすれば、少々危険な香りもしたが、何にせよ、こんな大物を放っておくほど俺をバカではない。
天然物のエルフは大きな金になる。
俺は、父から受け継いだ古ぼけた弓に手を掛けた。弦を引く手に力を入れるたび、ギィギィと苦しげに音を立てる。大物を前にした緊張からか、ターゲットに向けた矢先がプルプルと震える。
目視でのエルフとの距離はおおよそ20m。大丈夫、外す距離じゃない。
ひょう、と音がして矢が弓から飛び立った。モミの木の幹をわずかにかすめて、矢は雄の脳天に突き刺さった。雄はその場で2,3歩ふらふらとよろめくと、雌の体をなぞるようにずるずると地面に崩れ落ちた。
エルフの雌はたおやかな金髪を乱しながら、雄のもとへへたり込んだ。
やがて雄も俺の矢の前に倒れた。二人の血は混ざり合って流れ、大地を潤した。
俺はその高価な肉塊のもとに駆け寄ると、首元を裂いてすぐに血抜きを始めた。肉を部位ごとにおろすと、可能な限りリュックに詰め、残りはここで頂くことにした。
火を起こし、肉を炙ると、野性味あふれる濃い匂いが辺りを包んだ。
パチパチと肉が音を立てて肉汁を垂らしている。
ドクン、と俺の脳の奥から原始的な衝動が沸き起こった。
程よく焦げ目の吐いた肉塊に俺はむしゃぶりつく。
成熟したエルフのもも肉は身がギュッと引き締まり、コクのあるうまみがたっぷりと蓄えられている。
歯を押し上げるようなしっかりとした嚙みごたえと共に、肉の奥から奥から止めどなく味があふれてくる。
まるで、既に味付けされてあるかのような濃厚な味わいで、そこらの動物の肉とは格が違う至高のテイストだった。
エルフの肉を食べた後は、生命力が満ち溢れてくるような不思議な感覚が体を巡っていく。
この「生きている」という実感に俺は思わず身震いをした。
腹が満ち、すっかり気が緩み切った様子でしばらく呆けていると、後方からふいに物音がした。ピリピリとした敵意が俺に向けられている。
「誰だ!」
声を張り上げて威嚇しながら後方を振り返り、同時に弓を構える。
密猟監視官だろうか?もしそうならば、捕まれば死刑は免れない。だが、屈強な監視官相手に力で圧倒できるとは思えない。
聞こえた足音は一人。なら二人組で行動する監視官はもう一人がどこかに隠れているに違いない。
まずいまずい。抵抗すればあちらは即、命を奪いに来るはずだ。
いっそシラを切るか。一応死体の処理は済ませてあるから、何とかごまかせるかもしれない。飛び散った血もシカ狩りの現場だとか何とか言えば案外信じてもらえるかも。
俺はすぐに役作りに取り掛かった。「森でのんびりシカを狩っていたら、エルフ狩りに間違われてワォ!災難」な猟師役を。
心臓が高鳴る。そして一瞬間をおいて姿を現したのは、エルフの少女だった。
「うえ?ん?おお!?」
 入念に役作りを脳内で構築していたばかりに、予想外のハプニングに対処をしあぐねる。
 なぜこうも今日はエルフに会うというのだ。
 しかし、眼前にいるのは純然としたエルフであり、そのことに疑いはなかった。
 つややかな銀髪を惜しげもなく腰まで垂らし、碧眼の瞳は不安に満ちていた。
 身を包む純白のローブには金の刺繍が施されており、まるで貴族の娘のような高貴さを醸していたが、鋭利に伸びた長い耳を見るとそれが人間ではないということを認識させられる。
 その美しい容姿は俺を危うい境地へと誘うが、辛うじて理性がそれを止める。
 さて、こいつは金になる。闇で取引されているこの手のエルフは先程の成体の3倍の値が張る。歩く宝石レベルだ。
 だがあいにく、俺のリュックは成体の肉で一杯だ。とてもじゃないが、もう一体仕留めて持ち運ぶのは無理がある。
 くそ、しかしここで逃がしてしまうのはあまりに惜しい。
 どうするか……!待てよ、持ち運ぶのが無理なら、持ち運んでもらえばいいじゃないか!こいつに自ら歩いてもらえば問題解決だ。
 俺は自らの閃きに思わず高揚してしまった。そうと決まればさっそく警戒を解きにかかる。
「っと、なんだよ、びっくりさせないでくれ、こんなところでどうしたんだい?狼でも出たかと思ったよ」
 俺はおどけた調子で話しかける。エルフ語はそこまで流暢ではないが、話せないわけではない。意味は伝わっているはずだ。
「こないで!」
 少女は大木を盾にすると、裏から声を張り上げる。可愛らしい声で、それでも精いっぱい威嚇していると思うと、……なんか和む。
「そんなこと言わないでくれよ、俺は取って食ったりなんてしないぜ?」
 そう言って、俺は自分が敵ではないことを伝えるために、弓矢を放り捨てた。
「で、でも、人間には近づいちゃダメだって、パパとママが」
「そうか、でも人間も悪いやつばかりじゃないんだ。俺は君の味方だよ、安心して。それに俺はエルフに命を救われたこともあるんだ」
 不安げにこちらを覗くこの子に、俺は優し気な口調でそう諭すと、にっこりと笑顔を見せた。
「あう・・・・・・えと」
「だから、俺はエルフに恩返しをしたいとさえ思ってるんだ、大丈夫、こっちにおいで」
 しどろもどろな彼女の惑いを断つように、俺はゆっくりと手を差し伸べる。
 するとようやく彼女は恐る恐る、差し出されたての小指を軽くつまむと、ひょっこりと姿を現した。
「俺の名はレイ・フリークス。レイって呼んでくれ。君の名は?」
「……リリア」
 彼女はそうポツリとつぶやいた。まだ完全に信用されているわけではなさそうだ。まあ、当たり前か。
「リリアちゃんか〜。可愛い名前だね。そういえばリリアちゃんはどうしてこんなところに?」
 それらしく尋ねてみる。不自然な流れではないはずだ。
「あのね、パパとママが……見当たらないの。今探してるんだけどお兄ちゃん、知らない?」
 なるほど、つまり俺がさっき仕留めた二匹のエルフが、この子の親だったという訳か。いやはや可哀想に。でも、狩っちゃったもんはしょうがない。
 2匹の様子がおかしかったのは、子とはぐれて動揺していたのだろう。
「そうか、はぐれてしまったんだね。あ!
ひょっとして君のお母さんは金色の髪で、くびかざりをしていた?」
 とりあえず、思い出したかのように振る舞い、様子をうかがう。
するとリリアは驚いたような表情と共に、喜びをあらわにした。
「そうなの!もしかして見かけたの!?どっちに行っちゃったかわからない?」
 彼女はまた少し不安そうな顔に戻り、俺に回答を求めてくる。
「ああ、確かに見かけたよ、だが……」
え?と、リリアの表情はさらに悲壮に満ちる。
 俺が殺してしまったよ〜、と言いたい衝動に駆られた。
 さぞ痛快であろう。相談に乗ってくれる優しいお兄さんがまさか親殺しだったなんて。
知ったらどんな顔をするのだろうか。
 だが俺もバカではない。さすがに今そんなことをすべきでないことくらい理解できる。
「だが、連れていかれてしまったんだ……国営のハンター達に」
 国営のハンターたちがエルフを殺すことはない。あくまで捕獲に専念する。
もちろん高級食材として貴族たちの食卓に並べるためにも肉の鮮度はなるべく保った方がいいし、そもそも食材として狩られるエルフはごくわずかで、他は圧倒的にエルフ養場に入れるために捕まえるケースが多い。
「でも、殺されることはないと思うんだ、安心して。奴らはその場で殺すような真似は絶対にしないから」
「でも……そんな……」
 言いたいことはわかる。死んでないといわれても、連れ去られたことには変わらない。依然として心配は残るだろう。
「ごめん、助けようとは思ったんだけど、奴らの手際が思った以上に良くてね……」
 リリアは今にも泣きそうだ。よほどショックだったのだろう。唇を噛んで必死に涙をこらえている。
 俺はその様子を見ながら、唇を噛んで必死に笑いをこらえる。いや、ホント御愁傷様です。
「リリアどうしたらいいかわかんないよ……」
いたいけなエルフの少女はしゃがみ込み、とうとう泣きだしてしまった。
え?何この俺が泣かせてしまった感。俺は悪いことなんて何もしてないのに。
とはいえ、これ以上この子にストレスを与え続けるのは体に毒だ(肉質的な意味で)。そろそろ安心させてやることにしよう。
「大丈夫だよ、リリアちゃん。連れ去られてからまだそんなに時間は経っていない。全然間に合うよ。方向的には……そうだな、リシオ村か、カラトスの街だろう。そこでエルフ収容所があるとするならまずカラトスの街だと思って間違いない。さて、君はどうしたい?」
 少しの沈黙の後、リリアは目尻に涙を溜めつつも胸の前に両手を握ると、
「パパとママ、追いかける」
と、勢いよく答えた。
「よし、いい子だ」
 俺はポフポフと、リリアの頭を軽くなでると、笑顔を見せた。


小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 今井舞馬 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。


2016/07/14 17:48 今井舞馬



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場