ファンタジー小説・童話の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

ファンタジー小説・童話 投稿 サイト/短編・掌編・長編。ファンタジー小説・童話の投稿

ファンタジー/童話

『ヴェリァス オンザ ワールド ガイズ #14』

炎狐著




「……」

「ねぇ、聞いてる?」

「ほっといてくれ……」

「けど、顔色悪いよ?」

「うるせぇよ!」

「きゃ!」

 バタン!

 思わず押し倒してしまった。

「ごめん。けど、君には関係ないんだ」

 俺は彼女に手を差しのべた。

「一人で立てるわよ」

「もう話かけないでくれ。じゃあ……」

 俺は彼女に背を向け、歩き始めた。

「待って!」

「……なんだ」

「貴方、原西って人?」

「なんで俺の名前を……」

「奥村って人が貴方を探していて、さっき見たか聞かれたんだ。
 けど、奥村って人がさっき誰かと話てて、話が終わると
 嬉しそうに森の方に行ってたよ」

 やっぱり、奥村は生きてたのか!

「何処に行ったんだ! 教えてくれ!」

 俺は彼女の肩を掴んで言った。

「ちょっと、離して!」

「ああ、悪かった」

 俺は肩から手を離した。

「そこまで知りたいなら、案内してあげるわよ」

「いいのか?」

「うん。ついてきて」

 俺は彼女の後をついていった。

「名前はなんて言うんだ?」

「私はメルティ・フレイリアって言うの他の人からはメルって
 よばれてるから、君もそう言っていいよ」

「俺は原西 竜也」

「地球の人は、下の方が自分の名前なんだっけ?」

「ああ」

「じゃあ、よろしく。竜也くん」

 メルが俺の方に手を出す。

「少しの間だけどよろしく」

小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 炎狐 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。


 どうも。
 炎狐です。
 そしてさようなら。(謎
2020/08/23 18:57 炎狐



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場