ファンタジー小説・童話の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

ファンタジー小説・童話 投稿 サイト/短編・掌編・長編。ファンタジー小説・童話の投稿

ファンタジー/童話

『ヴェリァス オンザ ワールド ガイズ #10』

炎狐著



「な、なんで竜が、止まったんだ……?」

「アブサルートリシールドです」

 日本語で訳すと、“絶対遮蔽しゃへい”……か。

「やっぱり……強いな」

「そろそろ、けりを着けましょうかね!」

 ヴィクトリーは俺の首にナイフを振るった。

「またいつか、会いましょう」

 駄目だ。
 速すぎて防ぎようが無い。

 防げないなら、守ればいいじゃないか。

 そう……だな。

「部位硬化!」

 俺は首を硬くした。

 キン!

「か、硬い……ですね」

「この距離だったら、即死範囲だぞ?」

「ちょっと……用事があるので失礼……」

 ヴィクトリーは山の方へ逃げていった。

「あいつ……逃げやがった……!
 村の皆さん! まだ、まだ戦いましょう!」

「無理だ……あのクソ強い奴が負けたんだ……
 もう俺達では勝てない」

「くそぉ! 戦えよ! 報酬はやるって言ってんだろ!」

「俺達を死なせる気か!? みんな、あいつを殺すぞ!」

「おー!」

「は……? お、おい、待てよ。待ってくれー!」

 俺は木村さんの方を見た。

「僕達の役目は、もう無いみたいですね」

「これから、どうするんですか……?」

「結局、極剣を見つけないと地球には戻れなさそうなので、
 木村さんの装備を整えてから、探しましょう」

「……はい」

小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 炎狐 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

 どうも。
 炎狐です。
 数日間投稿を止めていましたが、
 その分をこれから取り返していくのでご了承ください。
2020/08/18 19:49 炎狐



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場