ファンタジー小説・童話の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

ファンタジー小説・童話 投稿 サイト/短編・掌編・長編。ファンタジー小説・童話の投稿

ファンタジー/童話

『【二次創作】マリカースタッフの日常』

騎咲ケイト著



私の名は佐藤。かの有名なテレビゲーム「マリオカート」の雑用係として日々奮闘している。雑用係の主な仕事は、キャスト(ここでは「キャラクター」のことを指す)が乗るマシンの清掃・メンテナンスや、コースの整備など。さすがに1人だけで全ての業務をこなすのは至難の業なので、私を含む50人のスタッフが手分けしてマリオカートの裏方の仕事を行っている。これは、ここで働くスタッフらの日常を描いたハートフルコメディドラマ(?)である。

「佐藤さーん!おはようございまーす!今日の仕事は何ですか?」
彼女の名は松本。私の1年後輩だ。
「そうだなぁ・・・。今日は、コースの整備を私たちと一緒にやってほしい。『キノコキャニオン』というところなんだけど」
「キノコキャニオン」は、トランポリンが大量に設置されているコースのこと。マシンのジャンプを堪能できるコースとして定評があることで知られている。
「そこでの道路整備とかを7人ほどでやる予定かな」
「うわーすっごい楽しみです!さっさとやっちゃいましょう!」
「はーい集合。私たちB班は今日『キノコキャニオン』のコース整備を行います。えー、本来なら7人でやる予定でしたが、4人が病欠なので今回は私たち3人でやります」
私たちのB班のリーダー、小田さんからまさかの悲報が告げられる。
え?3人?あのコースをたった3人で整備するだと・・・?
「ちょっと過酷かもしれないけど、私たちだけで何とか整備するわよ」
「エイエイオー♪」
ちょっとした不安が残る中、私たちはキノコキャニオンへと向かった。

「はい注目。ではここに着いたということで、早速コースを整備していきます。まずは、コース上に回収し忘れたアイテムが落ちていないかを確認。あったら拾うこと。次に、コース上をキレイに清掃。アトラクションが壊れていたらC班に報告して、すぐに新品のものと交換すること。以上。その他のことは私に直接訊いてね」
コース上の整備作業が遂に始まった。朝9時から休憩を挟み12時まで作業が行われる。作業中は基本的に団体行動だ。私たちはまず、コース上のアイテムの確認を行う。

「ねぇ見てください!あれ!トランポリンの上にアイテムが大量に放棄されてます!」
松本が、コース最初に登場するトランポリンを指さす。
「ほんとだわ・・・しかもバナナとこうらばかり。キャストの人、このアイテムに何か恨みでもあったのかしら」
「バナナとこうらを合わせて『バナナコーラ』を作るために置いてるんじゃないですかね・・・」
絶対違うだろ。思わず心の中でツッコんでしまった。それはともかく、そのアイテムらを回収していく。アイテムは専用の袋に入れられその後廃棄となるのが基本だが、希望者がいればそのアイテムを無償で譲り渡すというサービスも実施している。
その後もコース内を転々と放浪し探していった結果、今日は200個近いアイテムが回収となった。
「今日はバナナの皮率が多いわね・・・。佐藤さん、このバナナの皮あげるわ。いろんな使用用途があるはずよ!」
「はぁ・・・。一応もらっておきます」
渋々とバナナの皮を受け取る。回収された中では特にキレイなものだったが、これといった使用用途が思い浮かばない。あれこれ考えた結果、親戚の子供にあげることにした。

次はコース上のアトラクション確認だ。破損しているアトラクションがあればC班に報告し、新品のものと交換しなければならない。今度は、リーダーの小田さんが異常な状態を発見した。
「ここの緑のトランポリン、やけに弾力が無いわね。あ、奥の方が破れているわ!これは極めて危険ね」
コース中盤で登場するトランポリンが破損していた。このまま放置していたらコースの見栄えが悪くなる上に、ドライバーが誤って転落するかもしれない。
「あー、破損ですか。じゃあC班に報告しますね」
「松本さんありがとう。早く新品が届くといいわね」
C班は、登場するコース全般のアトラクションの製造や管理などを担当している班だ。関係者からアトラクションに関する要望などがあれば、それに沿った対応を行っている。アトラクションの修理も、C班が全て実施している分野だ。
今回は緑のトランポリンなど3台のアトラクションが破損により、新品と交換された。
その後も、コース上を箒などできれいに整備したり、アトラクションの見栄えをよくしたり、といった作業を3時間で一気に実施していった。
「これくらいでコース整備はいいかしら?」
「そうですね。コースもきれいにまとまったと思うので。ここで作業を終了してもいいと思います」
「ちょうどお昼ですもんね!よし!作業終了!」
3人の意志が一致したことで、午前中の作業はここで終了となった。少数すぎる作業人数でありながら、幾多の作業を完遂できたことに誇らしさを感じることができた。
休憩後、今度は別のコースの整備も実施した。


夜、整備したキノコキャニオンでゲームが行われた。この日は、クッパさんら12人が参加しレースが展開されていった。松本の誘いで、午前中の3人もそのゲームを観覧することになった。
「うわークッパさんカッコいい!やっぱり生で見るとすごくイケメンだなぁ〜」
「それよりも、デイジーさんの服装シャレオツすぎませんか?」
そうこうしているうちに、遂にゲームがスタート。このコースの醍醐味とも言えるトランポリンは、新品のものに交換したため弾力や輝きが一変し、コースの迫力強化に大いに貢献していた。
「あの緑のトランポリン。上手く跳んで行ってくれて嬉しいわ」
「ですね。コース整備のやりがいがありましたね」

ゲームは3分で終了した。キャストらは次のコースへ移動していった。そんな中、私たちは驚きの光景を目にすることとなる。
「ねぇ、あれってキノピオさんじゃない?」
キャストの1人であるキノピオさんが、なぜかコース上を放浪していた。そのまま、どんどん奥へと向かっていく。そして10分後、キノピオさんの両手にはいくつものアイテムが抱えられていた。
「え?あれってまさか・・・」
そう。キノピオさんは何と、コース上の回収し忘れたアイテムを自ら回収していたのだ。しかも、それらのアイテムを1つの場所にまとめて置いていた。アイテムが分散しているとB班が回収に一苦労するんだろうな、ということで気遣ってくれたのだろうか。何にせよ、非常にありがたい行動だなと思った。
「そっか・・・。あの時トランポリン上にアイテムがいくつもあったのは、キノピオさんがまとめてくれていたからだったのね」
「何か・・・感動して泣いてしまいそうです・・・」
その後、キノピオさんは無言でこの場を去り、次のコースへと向かっていった。彼に感謝の言葉を伝えたかったのだが・・・。

「お疲れ様でしたー♪明日もよろしくね〜♪」
「小田さんお疲れ様です♪あ、佐藤さんもお疲れさまでした!では〜」
夜9時過ぎに、この場はお開きとなった。午前中からの疲労以上に、キノピオさんの例の気遣いへの嬉しさの方を大きく感じていた。「明日も充実した日でありますように・・・」
私は夜空の三日月に静かにお祈りをし、夜風を絡ませながら家路を歩いていったのだった。

小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 騎咲ケイト さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

皆様初めまして。騎咲ケイトと申します。
さまざまなジャンルの創作を行っています。
よろしくお願いします。

今回は、もしも「マリオカート」に裏方のスタッフがいたら?という設定で短編小説を制作しました。もちろんフィクションです。
2020/03/01 16:48 騎咲ケイト



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場