ファンタジー小説・童話の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

ファンタジー小説・童話 投稿 サイト/短編・掌編・長編。ファンタジー小説・童話の投稿

ファンタジー/童話

『テスト3』

テスト著



 ある日の朝、いつも通り制服に着替えてリビングに降りたらお母さんがすごい泣いてたの。目を真っ赤に腫らして泣いてた。死んだような目で。
「お母さん、おはよう」
 返事は無かった。お母さんはわたしのことが大好きだから、わたしを無視するなんて絶対に無いはずなのに。
 よく見ると、お母さんはわたしの写真を抱きしめてた。

 わたしは急いで学校に行った。わたしのクラスはまるでお葬式だった。わたしの席にはお花が置いてあって、ああ死んじゃったんだなってわかったの。
 簡単に話すとこーんな感じかな?
 

 どうして自分が死んだことに気づいたのかという私の問いにレイナは少し笑いながら、寂しそうに笑いながら答えてくれた。
 私はレイナに話しかけてもらう日まで気づかなかった。正直それまでの記憶も曖昧だけど。
 一つだけ言えることは、おそらくレイナは私よりも周りの人に愛されていたということだ。少なくとも私の席に花なんて手向けられてなかったし、親が泣いてる姿なんて見たことがない。笑っている姿も。
 
 一緒に探し物をするといってもどう探せばいいのだろう。手がかりなんてどこにあるのか。誰かに聞けばいいのか?どうやって?



 







小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である テスト さんに帰属します。無断転載等を禁じます。


2019/02/07 17:01 テスト



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場