ファンタジー小説・童話の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

ファンタジー小説・童話 投稿 サイト/短編・掌編・長編。ファンタジー小説・童話の投稿

ファンタジー/童話

『私と死神(ニックネーム)の日常#1』

たけ著



???:「おい、起きろ。」

???:「起きろっつってんだろ?」

???:「ハリセンで思いきり叩いていいか?」

『ガバッ』

自分:「なんだよ!うるさいな!」

死神:「はぁ!?折角起こしてやったのに、その口の聞き方はなんだよ!?」

コイツの名前は死神。罰ゲームで、「死神のコスプレ」をしたら、以外に似合っていて、それ以来そう呼ばれている。

自分:「とにかく起こすな!」

死神:「今何時だと思う?」

自分:「正午」

死神:「うんうん。正直でよろしい。で…」

死神:「いつまで寝てんの!?」

自分:「だって!夜眠れないんだもん!」

死神:「夜中にPCしてるからだよ!夜中にPCするのやめんか!」

死神:「…でも、もういい。次から気を付けろ。」

自分:「えっ!?」

神様、仏様、死神様…ありがとうございます!いつもなら説教5時間なのに…どうしちゃったんですか!?

死神:「もちろんただでとは言わない。アイスを買ってこい。」

自分:「えっ!?」

この性悪死神め!アイスをおごらせるとは、どういうことだ!?
も、もちろん…

自分:「い、嫌だね。」

死神:「さぁて、お説教タイムの始まり〜^^」

自分:「買ってきます…」

死神:「うむ、それでよし〜♪」

全く…極悪な死神です…

小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である たけ さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

初めて作りました!どうですか?好評でしたら、「#2」も作ろうかと思います!アドバイスとかあれば是非是非お願いします!ちなみに私(小説のなかだと「自分」)の性別は女で、「死神」は性別は男です!
2018/10/08 15:14 たけ



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場