ファンタジー小説・童話の投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

ファンタジー小説・童話 投稿 サイト/短編・掌編・長編。ファンタジー小説・童話の投稿

ファンタジー/童話

『パラレルワールドに行った一人の少女の物語…』

ゆっくり 闇夜狐著



そう、あれは夏の暑い暑い日だった!私は、神川 早苗(かみがわ さなえ)中学2年生!私は、とある理由でこの世から去ろうと考えていた。その理由は、この世は信頼や、信じる心がなかった嘘まみれの世の中…そんな時、私は誰も見たことがない世界へ行きたい!と思った。だからこそ!すべてが叶うト言われているパラレルワールドに行きたいと思った。夜中の2時44分…私は鏡をみた…もしかしたらって思い、鏡に触れるといきなり鏡に吸い込まれるように、鏡の中に入ってしまったのだ!しかし、パラレルワールドは素敵な世界…だと思ってたが誰もいなくて建物もない…まさに、残酷な世界だった。しかし向こうの森に人影らしきものがあるではないか!近づいてみようとしたが、妙な寒気がした… (?)「こ…こから…立ち………去れ…」(?)「ここから立ち去れ〜!!!!」という声がした。もちろん!人影がある方向へ…(?)「FUCK!!!」人影があった所には、誰もいなかったその瞬間!背後から紅い霧が私をおおった!逃げ足すことなんて出来ない…私はここで…死……目覚めた所は、いつもの家…なにも変わらない日常…やはり、私はこの世から去ることが出来ない運命だった…













(早苗)という事があって宿題できませんでした!w
(先生)なるほど!それなら出来ない…ってなるか!!!
(?)またどこかであいましょう。次は、あの世で!
END 変えられない運命

小説のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である ゆっくり 闇夜狐 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

初めての小説!おかしな点がたくさんあると思いますが、楽しんでいただけたら光栄です!次回に他の作品作りたいと思います!ぜひゆっくりしていってください!次回作は、まだまだ時間がかかりそうです。
2018/04/12 18:01 ゆっくり 闇夜狐



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場