エッセイの投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

エッセイ 投稿 サイト/短編・掌編・長編。エッセイの投稿

エッセイ/その他

『生跡 前編』

1771著



この先どのようにして生きていけばいいのだろう?
もう僕の手には負えなくて
窓の外の雨とともに共鳴していた
近くには誰もいない
まだ光が差し込んでくる気配もない
そして静かに時は濃くなって
僕はただ無表情で
ただ何かを見つめていた―

ありきたりな毎日を、
ありきたりに過ごしています。
同じようなフレーズを、
同じように綴っています。
いつも同じ服を着て、
いつも同じスタイルにします。
何か文句でも?
言いたいなら何でもどうぞ。
そういえばそんな日々だったな・・・

我慢が出来ないのです。
すぐ嘘をついてしまうのです。
努力が大嫌いなのです。
長続きすることがないのです。
これが本当の僕なのです。
それでも仮面をつけてしまうのです。
直そうとは全く思わないのです。
ただ生きていて忘れてしまうのです。
そういえばそんな自分だったな・・・

窓の外からいつものように
鳥の声が聞こえてくるけれど
雨の音に掻き消されて
ほんの少ししか聞こえない

雨は続く

僕はすぐ物事を諦めてしまう、
この世で最も愚かな人間です。
こんなにも愚かなのに、
こんなにも長く生きてしまいました。
頼りないと失笑されて、
辞めろなどの罵声を浴びて、
皆からも激しく叩かれ嫌われ、
生きることが辛くなったのです。
そういえばそんなことあったな・・・

そんな自分を慰めるように、
楽園に寄るようになりました。
その楽園の傍には誰もいなくて、
好きなことを好きな分だけ、
好きなようにして過ごせられる、
誰も踏み込められない楽園です。
そういえばそんなことあったな・・・

この部屋は狭くて寒くて
僕を覆うようなものも無くて
ただ切なくて苦しくて
何も出来ない自分が佇んでいて・・・

ああ楽園よ楽園よ。
どうして僕はこんなにも愚かなのだ?
そしてどのようにしたら変われるのだ?
早く教えてくれないか?
ただ答えを知りたいのだ。
迷っていないで僕に答えるがいい!

こんにちわ。楽園の住人です。
それは、あなたの生き方が酷いからです。
あなたは恐怖や面倒事を、
自分の都合よく避けて生きてきたのです。
だからあなたは努力が出来ない。
そして、あなたは甘やかされてきました。
甘えられないほど、甘やかされてきたのです。
だから困ったときも誰にも頼れず、
やがて一人となってしまうのです。
なぜあなたはプライドが高いのですか?
こんなにも愚かでゴミ寸前なのに。
今更嘆いても、もう遅いですよ。
この愚か者が!

―I WAS DEAD―
そうだ!僕は終わったんだ!
僕の人生は終わったんだ!
中途半端な趣味、
見かけだけの身体、
あまりに情けない性質、
生い立ちも存在も何もかも、
ただただ愚かで酷くて、
語るに値しない人生なんだ!
そんな僕が元に戻れるわけがない!
アハハハ、どうしてだろう?
自分の全てを知った瞬間、
ただただ笑いが止まらないんだ!
もっと笑っていよう!
アハハハハハハハハハ・・・

窓の外から激しい雨が
殴るように叩くように降り乱れる
止められるものは誰もいない
さぁもっと降るがいい!
興味ない どうでもいいで 霞む日々
傷口を なぞって気付く 負の思い
否定から 否定を生んで また否定
そう僕は 愚かな人間 そしてゴミ

作品のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 1771 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

後編に続きます。
なお、重大発表があります。
2020/02/06 08:07 1771



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場