エッセイの投稿サイト・ShortSTORY・ジャンル別にページが分かれています。

エッセイ 投稿 サイト/短編・掌編・長編。エッセイの投稿

エッセイ/その他

『君が』

群青著



 初めてバレンタインに手紙と一緒チョコを渡した。手紙には、友達になってくださいって書いてメアドも書いた。帰った後、ずっとメールを待っていた。アドレス帳に初めて男子の名前が加わった。嬉しくてたくさん、メールをしちゃった。この時はそれだけでよかった。あなたは私によく話しかけてくれて、同じ講習を受けた時には一緒に帰ってくれた。
 1年くらいが経って、手紙で告白した。振られることはわかっていたから「諦めるためにメールでもいいから振ってほしい」とお願いした。あなたはすごく嬉しいと言ってくれたけど、ごめんとか拒絶する言葉を書いてくれなかった。だから、もう一度聞いてみたらごめんって言われた。友達としては好意を持っているから忘れないでと言ってくれた。あなたの優しさだってわかってるけど、失恋もその言葉もつらいよ。
 その後から前よりも近くにいることが増えて、目が合うことも増えた。避けようとしてるのに来ないで。5人しか乗ってないバスで目の前に座らないで。笑って話しかけないで。嬉しくて期待してしまう。諦めようと頑張っているのにあなたのことがもっと好きになって、苦しくなる。忘れたい。諦めたい。忘れたくない。諦めたくない。心が叫んでるのに声にならなくて、あなたにも届かない。届けてはいけない気持ち。わかってる。でも抑えているのがつらい。
 卒業式の日、「会えるの最後だから、少し話したい」と言ったらたくさん話してくれた。それで十分だと思って、じゃあねって最後の言葉をあなたに言ったら、あなたもじゃあねって言った。早くその場から離れたくて、歩き出したときあなたは私を呼び止めてまたねって言うんだ。何を考えてるの?期待してしまう。まだ諦めなくてもいいの?もう一度伝えていいの?ラインを送りたくてもあなたは浪人生だから送ったら迷惑になってしまう。あなたが合格したら、もう一度伝えたいとか思っちゃうんだよ。

 いつもあなたの面影を探してる。声が聞こえないかと耳を澄ましてる。誰かと笑っていてもあなたがいてくれたらと願ってしまう。あなたに会いたい。苦しくて、苦しくて、心が壊れそうになる。それくらいあなたのことが好きになってしまった。だけど、あなたの迷惑にはなりたくなくて、こんなただ重いだけの気持ち伝えられない。それでも、あなたなら笑って受けいれて私が傷つかないように考えてくれることを知ってるから苦しくなる。

この気持ちは伝えてもいいもの?私にはわからない。

作品のコメントコメント
この作品の著作権は、作者である 群青 さんに帰属します。無断転載等を禁じます。

全然まとまってない文でごめんなさい。ただ思っていることをそのまま書くだけものになってしまいました。読んで下さってありがとうございます。
2018/04/30 18:45 群青



このページの先頭に戻る ↑ 

はじめての方へ

小説投稿サイト・ShortSTORY

小説投稿サイトとは?

ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿。短編・掌編・長編オンライン小説/ネット小説投稿サイト『ShortSTORY』、ミステリー小説・SF小説・ホラー小説の投稿が無料。感想やコミュニティでの意見交換など

坂口安吾のすべて
チェンマイのレンタカー
レンタルバイク【チェンマイ】
チェンマイ・焼肉・日本式
チェンマイ・居酒屋・日本料理・和食・ガガガ咲か場